西条祭り2016日程とアクセス&スケジュールのご紹介

   

愛媛県西条市で毎年10月に開催される西条祭りは
豪華絢爛な盛大なお祭りです。

地元、西条市内の学校や企業はお祭りの期間はお休みになる程
地元に愛され、密接しています。

江戸時代に始まり、300年以上続くこの伝統のお祭りは
市内にある150台を超えるだんじり(屋台とも呼びます)・
神輿・太鼓台を神社に奉納するもので、
この数は日本一とも言われています。

西条祭りは一か所で開催されるお祭りではなく、
4か所の神社の祭礼を合わせて西条祭りと呼ばれています。

そんな西条祭りの2016年の日程・アクセス・祭礼スケジュールを
ご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

西条祭り2016の日程は?

●伊曽乃(いその)神社祭礼/ 10月15日(土)・16日(日)

●石岡神社祭礼/ 10月14日(金)・15日(土)


●嘉母(かも)神社祭礼/ 10月8日(土)・9日(日)

●飯積(いいづみ)神社祭礼 10月16日(日)・17日(月)

開催時間は朝の9時頃~21:00頃までですが、行事により異なります。
問い合わせ: 西条市役所観光物産課 TEL 0897-52-1446

一般的に、西条祭りと言うと一番大規模な伊曽乃神社祭礼を指します。

西条祭り2016へのアクセスは?

伊予西条駅より南へ約2kmの距離に位置する伊曽乃神社までの交通アクセスは、

●電車の場合: 岡山駅より在来線の瀬戸大橋線を経由、予讃線へ乗り換え
伊予西条駅下車、タクシーで約15分

●車の場合: 伊予ICより約20分

スポンサードリンク

毎年、お祭り当日は大混雑します。
電車の場合は朝10時頃から混雑が本格化して来ます。
行きも帰りも周囲の方々より早めの行動をお勧めします。

車の場合は、西条祭りの専用駐車場が加茂川の河川敷に約1,500台設置されます。
料金は無料ですが、比較的早い時間に埋まってしまう為、
早目の行動を心掛けた方が無難です。
※当日は交通規制あり

西条祭り2016のスケジュールは?

西条祭りの最大の見所と言える「川入り」(宮入)は、
加茂川で神戸地区以外の65台のだんじり(屋台)が土手に整列し、
神輿と神戸地区の11台のだんじりが一斉に川へ入ります。

神社へ戻ろうと神輿が川を渡り切るとお祭りは終わりを告げます。
夕空とだんじりの多くの提灯が川面に反射し、美しく・ドラマティックな光景が
加茂川に生まれます。

伊曽乃神社祭礼のスケジュールは以下の通りです。

●15日(土)
境内にて宮出し(深夜2時頃)祭りの始まりを喜び合うだんじりが
伊曽乃神社参道の石畳を担ぎ上げる光景も見どころ。(午前6時頃まで)

その後は市内をだんじり運行(自由行動)。市内中心部の各地でだんじりや神輿を
見る事が出来ます。(午後6時ぐらいまで)

●16日(日)
御旅所(大町常心)にて神様をお迎え、(深夜1時頃)奉納後 午前5時頃より
番号札を付けただんじりは順番通りに行列となり御殿前へと向かいます。
統一行動【本町・御殿前・神拝・玉津などを経て宮入まで】の始まり。

午前7時頃~10時頃、御殿前にてだんじりの差し上げ。

午後4時頃~6時頃 加茂川での宮入。(川入り)
統一行動の終点。

午後7時頃~9時頃 各地区へ戻り後夜祭。
祭りの最後を惜しみ、西条駅前などに集まるだんじりも多く見られます。

参考資料:
平成27年伊曽乃神社祭礼 巡行図PDF

まとめ

西条祭り2016についてご紹介させて頂きました。

伊曽乃神社1か所でもだんじりと神輿合わせて81台が奉納されます。
この数は他に例のない大規模なもので
西条祭りがいかに、豪華で絢爛なお祭りであるかが解ります。

当日の混雑は予想以上に凄いものがありますが、
前日の夜から市内に入り西条祭りの始まりを待つ人もいる程です。

是非、そんな人々を虜にする華やかな光景に酔いしれたいものですね。

スポンサードリンク

 - イベント ,