白玉粉や米粉で作る簡単♪ 月見団子の作り方

   

毎年、旧暦の8月15日にお月見をする日本の美しい秋の習慣。
この日を“十五夜”と呼び、この日の月は“中秋の名月”と呼ばれます。

そんな十五夜にかかせない“月見団子” 
まん丸な形が可愛らしいお団子ですが、意外と簡単に作れるんですよ(^^)
是非、お子様やカップルで楽しく作ってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

 上新粉と白玉粉で作る月見団子の作り方♪ 

もっちりとした食感がポイントとなる白玉粉の月見団子を作ってみましょう(^^)
うるち米が原料の上新粉にもち米が原料の白玉粉を混ぜて作るお団子は蒸さずに茹でて作れるので
簡単に、まん丸なお団子が作れます♪
作った月見団子はお供えをした後は、そのままでも餡やきなこを付けて食べても美味しいです♪

【材料/ 約15~20個分】
●上新粉・・・150g  ●白玉粉・・・50g ●砂糖・・・30g ●ぬるめのお湯・・・150cc ●薄力粉・・・小さじ1

【作り方】
1:ボウルなどの入れ物に上新粉と白玉粉と砂糖を入れ、ぬるめのお湯を少しづつ入れながら手でよくこねます。

2:耳たぶぐらいの固さになるまでこねたら、15個~20個分に当分し、まん丸に丸めます。

3:鍋に水を入れ、火にかけ沸騰したらお団子を投入します。

4:お団子が熱湯の表面に浮かんで来たらあげ、水にさらしてから冷まします。

5:器に盛りつけて完成♪ 
※十五夜の月見団子は器に15個のお団子を三方に盛り上げて盛り付けます。

スポンサードリンク

046941

 米粉で作る月見団子の作り方♪ 

つるん!とした食感が特徴の米粉で作る月見団子です(^^)
お団子の中に少量の餡を入れてまん丸に丸めて作っても美味しいですよ♪

【材料/約15~20個分】
●米粉・・・120g ●片栗粉・・・大さじ2杯 ●砂糖・・・大さじ3杯 ●ぬるめのお湯・・・100cc

【作り方】
1:ボウルなどの入れ物に米粉と片栗粉と砂糖を入れ、ぬるめのお湯を少しづつ入れながら手でよくこねます。

2:耳たぶぐらいの固さになるまでこねたら、15個~20個分に当分し、まん丸に丸めます。

3:鍋に水を入れ、火にかけ沸騰したらお団子を投入します。

4:お団子が熱湯の表面に浮かんで来たらあげ、水にさらしてから冷まします。

5:器に盛りつけて完成♪ 
※十五夜の月見団子は器に15個のお団子を三方に盛り上げて盛り付けます。


美しい秋の名月を鑑賞しながら美味しい手作り月見団子を!

スポンサードリンク

 - イベント, 食べ物/飲み物 ,