災害に備えよう!絶対に準備しておきたい防災グッズ

   

近頃ではテレビや携帯の地震情報が流れる日も全く珍しく無くなって来ました。
いつ何が起きるか解らない日常の中で、いざと言う時の為に持っておきたい防災グッズを
ご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク

 自宅に置いておく最低限用意しておきたい非常袋の中身 

非常袋として用意するバッグは両手が空く様に、リュックサックが好ましいです。

●飲料水 ●非常食(カンパンや缶詰【缶切りが不要な物】・飴玉など) 

●医療用品(バンドエイド・ガーゼ・包帯・消毒液など)●携帯ラジオ・懐中電灯・携帯充電器(予備電池も) 

 ●笛などの音が出る物  ●着替え・タオル

●携帯用トイレ・大人用おむつ・生理用品 ●ティッシュ・ウエットティッシュ ●ビニール袋

●ノート・油性マジック

飲料水や非常食は定期的に賞味期限の確認を行いましょう。他にもヘルメットやロープなど身を守るグッズも挙げられています。

a0002_006359

 避難所で便利な防災グッズ 

 

スポンサードリンク

先に述べた品物は、主にまずは自分自身や家族を生命の危機から救う為に必要な物になります。
ライフラインが途切れた際、支援活動が始まる迄は自分たちで身を守る外ありません。

次に支援活動や避難所での生活が始まった際に持っていると便利な防災グッズです。

●ランプ・ヘッドライトなどの灯り ●水のいらないシャンプー・トリートメント

●耳栓・アイマスク・簡易まくら ●ワンタッチテント ●ヒートシート(ブランケット)

●マスク ●サランラップ ●紙皿・紙コップ 

避難所では大勢の方と一緒に暮らす事になるので、ワンタッチテントなどでプライベート空間を作る事が
ストレスを少しでも減らす策になる様です。

   いつも持ち歩きたい防災グッズ  

自宅や職場に防災グッズを入れた非常袋があっても心配と言う方の為に、
普段持ち歩ける小さな防災グッズとしては、

●キーホルダータイプのLEDライト ●飲料水(500mlペットボトル) ●笛

●携帯電話・スマートフォン用充電器(電池式) ●お菓子などの食べ物 ●ポケットティッシュ・ウエットティッシュ

●マスク ●ビニール袋 

持ち歩く防犯グッズはコンパクトで軽量の物を選びましょう!
大きくて重い物だと段々と持ち歩くのが面倒になって来てしまいます。

日頃からいざという時の為に家族で集合場所などの話し合いをし、
就寝場所の周辺は安全な環境にしておく事も大切です。

スポンサードリンク

 - 日常