松茸の下処理の方法と効果効能

   

秋の味覚の中でも王様と言える松茸。

近年では外国産の松茸も増え、リーズナブルな価格で手に入る様にもなって来ました。
しかし、味と香りが自慢の国産の松茸。憧れでもありますよね(^^)
昔に比べ、採取量が激減している国産の松茸の価格はかなり高価ですが、需要は高いままです。

そんな頂いたり、奮発して購入した松茸を美味しく食べる為の下処理の方法と、
松茸に含まれる栄養価をご紹介させて頂きます♪

スポンサードリンク

 松茸の下処理の方法 

丸ごとの松茸を前に、意外とどうしたら良いか解らなくなってしまう方も多いのではないでしょうか?
松茸は香りが命ですので、「松茸は洗ってはいけない」と言う話も聞いた事がありますが、
結構泥が付いている松茸ですので軽く洗いましょう(^^) 
更に松茸の深い香りを楽しむ為に、なるべく早く食べましょう♪

1:根元の固い部分(石づき)を包丁で削り落とします。鉛筆をカッターで削る要領で!
 食べられない部分だけを削ぎます。

2:ボールに水を入れ、指でこすりながら松茸に付いた汚れを落とします。優しくこする事がポイントです♪

3:キッチンペーパーやタオルに松茸を包み、軽く押さえて水分をふき取ります。

4:松茸を保存せざる得ない場合は、キッチンペーパーで1つづつ包み、タッパーや袋に入れて冷蔵庫で保存します。
 松茸に水分が付くと傷みやすくなるので注意が必要です。

スポンサードリンク

dd569910d3bb37af06d3407d0962aee5_m

 松茸の栄養と効果効能 

秋の味覚の王様、松茸にはビタミンB1・B2・ナイアシン・葉酸・食物繊維・亜鉛などがバランスよく含まれています。
ナイアシンはエネルギーの代謝やアルコールの分解を助け、肝臓病を防ぐ働きがあります。
更に松茸の特徴でもある香りはマツタケオールと桂皮酸メチルエステルによるもので、がんの予防効果もあると言われています。
カロリーも低い松茸は他にも、肥満・高血圧予防やコレステロール値の低下にも有効とされています。

『香り松茸、味しめじ』と言われる程、香りを楽しむ食材の松茸は鮮度が要です。新鮮なうちに美味しく秋を感じながら召し上がって下さい♪

スポンサードリンク

 - 健康, 日常, 食べ物/飲み物 , ,