秋の味覚♪ 栗のゆで時間と栄養価

      2016/07/25

秋の味覚の代表格の一つである栗は栗ご飯や栗きんとん、煮物などにして食べる事が多いと思います(^^)
でも栗の味わいをそのままに楽しむのであれば茹で栗!
味覚狩りや頂いた栗を美味しく、楽しみたいですね♪

スポンサードリンク

 栗の美味しい茹で方♪ 

1:栗をしっかりと洗い、栗が全て浸かるぐらいの分量の水に半日~1日浸けておく

2:鍋に栗と塩少々・水(栗が浸かるぐらいの分量)を入れ、火にかけて沸騰させ、沸騰したら弱火で火にかけておく
 ※栗が小さ目のものであれば約30分、大き目のサイズであれば40~50分ぐらいが目安です

3:鍋を火からおろし、お湯が冷めるまでそのままにしておく

4:手や包丁で渋皮まで剥いて美味しく食べましょう♪

  低温貯蔵で栗の自然な甘さを引き出す♪  

皮を剥いた状態の栗を袋に入れ、0度の低温で4~6週間貯蔵する事によって栗の糖度が3倍程度増すのだそうです(^^)
6週間を過ぎると少しづつ糖度が下がり始めてしまう為、
低温貯蔵を始めて6週間頃に冷凍保存へ切り替える事により糖度が増した栗を長期保存する事が出来ます。
常温で保存した栗の糖度はほとんど上がらないのだとか(^^) 
低温貯蔵を是非、お試し下さい♪

a0960_006986

スポンサードリンク

 ビタミンが豊富♪ 栗の栄養価 

栗にはビタミンB1やCなどのビタミン類やカリウム・たんぱく質・亜鉛・食物繊維が含まれています。
比較的剥いてしまう渋皮にはタンニンやポリフェノールが含まれており、タンニンは抗酸化作用が期待される事から美容にも良いとされ、
近年では抗がん物質としても注目される成分です。美白などにも効果的
と言われています♪
しかし、日本栗と中国栗では栄養価や性質も異なり、渋皮のポリフェノールは日本栗の方が多く含まれています。

食物繊維に関しては同じ秋の味覚の代表格であるさつまいもより多く含まれ、鉄やカルシウムまでも含まれている事から
昔から健康に良いとされてきました。

しかし、栗はカロリーが高い事でも有名で、大きさにもよりますが1個で20~30kcalあります。
10個食べると300kcalです。食べ過ぎやダイエット中の方は少し気にしながら召し上がって下さい♪

スポンサードリンク

 - 日常, 食べ物/飲み物 , ,