沖縄も葬儀の香典額の相場や服装はどんな感じ?島嫁がご紹介!

   

よく『沖縄の結婚式は300名ぐらいの参列者がいるのが珍しくなく
まるで芸能人の結婚式みたいだと思った』などと言う話を聞いた事があるかもしれません。

それほど、内地(特に都市部)と沖縄の披露宴のスタイルには大きな差があると言う事です。

そして結婚式と同じく、自然崇拝や先祖崇拝が多い沖縄では
葬儀や四十九日までの流れも独特のしきたりやルールがあります。

私自身も内地出身、石垣島で嫁になった立場なので
慣れるまではあれこれしきたりやルールの違いに悩んだり、困ったりと言うことは
良くあることでした。

そして私の様に内地出身の方は、初めて参列する結婚式や葬儀を前に
どうしたら良いのか解らないことが多いのではないでしょうか。

ここでは沖縄の葬儀の香典額の相場や服装などについてご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク

沖縄の葬儀の香典額は?相場は決まっている?

沖縄は人付き合いが密な地域です。

ですので、内地から沖縄へ引っ越した場合
結婚式・葬儀・まんさん祝い(100日記念)・生年祝い・成人祝いなど
慶弔問わず、親戚や友人関係でなくても参列・参加する場面に
必ず一度は遭遇すると思います。

身内に地元の方が一人も居ない場合
例えば、学業や仕事などで内地から移住している場合でも
職場の方の結婚式や、子供のまんさん祝い・葬儀などに参列・参加することは
珍しいことではありません。

そんな時、やはり風習や文化の違いにどうしたら良いか
困惑することもあると思います。

さて、葬儀に参列する場合の香典額ですが
関係の近さや自分自身の年齢・状況、地域にもよって変わってきますが
一般的には、親戚の場合1万円~2万円・友人や職場の上司などの場合は5千円~1万円
が多いとされています。

それに対し沖縄の場合は
二親等で5千円~1万円・叔父叔母や姪甥の三親等で3千円~1万円
友人や知人、職場関係で千円~3千円が相場
とされています。

一般的には偶数は避けたい数字とも言われますが
私が住む石垣島では、職場関係友人知人の配偶者や親などへの香典額は
2千円が多く、あまり接点のない職場の方やその親・祖父母などへの香典額は
千円と言うことも珍しくありません。

島の中で地域によっては、香典額は一律千円と取り決めされている地域もありますし
ホテルなど従業員の多い職場では有志で香典を集め、代表者がまとめて
葬儀に参列する場合もあります。

私が昔、ホテルに勤めていた時はパート・バイトの場合は有志で1人500円集めていました。

内地出身の方であれば、最初はその額の低さに後ろめたさや心苦しさを
感じるかもしれませんが、香典を包む機会の多さにも
慣れてくると驚くかもしれません。

職場や集まりによっても多少の違いがあるかとは思いますが
沖縄の場合は自分と直接関わりが無い・面識が無くても
葬儀に参列したり香典を包むと言うことは普通です。

私自身、石垣島出身の方と結婚生活を送っていますが
数年前に旦那さんの祖母が亡くなった時、当時の職場のホテルでは
香典を有志で集め、総支配人や副支配人(共に沖縄の方でしたが)が葬儀に
参列してくれていて純粋に驚きました。
(旦那さんは別の職場です)

そして、内地出身のホテルのスタッフの方も
『従業員の配偶者の祖母が亡くなって、香典を集めることにびっくりした』と
言っていました。

きっとこんな経験をされる方も多いのだと思います。

スポンサードリンク

沖縄の葬儀に出席する際の服装は?

さて、次に葬儀に参列する服装についてです。

内地では当たり前の喪服とは違い、沖縄では比較的年間を通して暖かい・暑い時期が長い為
黒のかりゆしウェアを着用することが多いです。

内地と違い、沖縄の葬儀の服装はそこまで深く気にしないでも
許される雰囲気が漂っていますが、かりゆしウェアを着用する際には
黒っぽい・薄く柄が入っているなどのシャツではなく、喪服用の漆黒・無地のシャツを
1枚持っていると便利
だと思います。

最近では、男性だけに限らず女性も黒の喪服用かりゆしウェアを
黒のパンツやスカートに合わせる方も多いですが
女性の場合は七分袖のワンピースや黒のパンツスーツの方なども見られます。

又、女性の場合は葬儀の手伝いを頼まれる・買って出ることもあると思いますので
エプロンなどの準備もしておくと良いかもしれません。

そして沖縄では、先にも述べた様に特定の宗教がない先祖崇拝や自然崇拝の家庭も多い為
葬儀に数珠を使用する習慣があまりないのも特徴だと思います。

まとめ

沖縄の葬儀のあれこれをご紹介させて頂きました。

不慣れなことに困ることもあるかとは思いますが
やはり最後は、周囲に足並みを合わせることが沖縄では重要だと思います。

ひとつづつ悩みや疑問を解決して、充実した沖縄生活をお過ごし下さい!

※人気ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 沖縄, 雑学 ,