女性特有のイライラを解消したい!対処法やハーブティーの効果をご紹介

   

女性特有のイライラと言えば、生理前の一定期間と言う印象がありますが
生理前に限らず、何だか無性にイライラする日々が続く。
こんな事はありませんか?

私は現在30代後半なのですが、生理前のイライラは若い頃から当然の様にあり
ここ数年では生理前でもないのにイライラが止まらない。
しかもその期間が数か月単位でかなり長く続いていたので
更年期障害の始まりでは?と本気でかなり悩みました。

病院にかかる事も考えましたが、まずは自分なりに原因や解消する為の
対処法を調べ・考え、そして実践してみる事にしました。

現在では、多少のイライラは時々あるものの一時期に比べると
自分でも嬉しくなるぐらいの心の穏やかさを実感できる様になりました。

私の様にイライラで悩んでいる方へ
対処法やハーブティーの効果などをご紹介させて頂きたいと思います。

スポンサードリンク

女性特有のイライラを解消したい!

個人的な話が続いてしまいますが、私は元々性格的にも短気で物事に細かい方なので
元々イライラする・怒りっぽい事が昔から多かったです。

ただ、ここ数年は何だか今までとは違うイライラを感じていました。

具体的には、昔はイライラしても発散すればそのイライラは吹き飛んだのに
最近では、そのイライラがしばらくの時期続き
ひとしきりイライラした後は自己嫌悪感にさいなまれる。

イライラの種類も、ほとんど対象に対して憎悪に近い感じ。

何に対してイライラしているかすら解らない日も。

普段はイライラしない様な事(ささいな事)で瞬間的に怒りの感情が込み上げる。

気だるさや、物事にやる気が起きない。

そう言った具合の症状が自覚出来ました。

40歳手前にして更年期障害が始まったのかもしれないとも思いました。

そこで私は、そんな自分自身にもほとほと嫌気が差していましたし
同居する家族に対しての申し訳なさも感じ始め
何とかこの状況を解消しようと、様々な事を調べ始めました。

その矢先、自分の無知に驚いた事がありました。

今までは、怒りの感情は自分自身の性格や心の問題が大きいと思っていたけれど
その原因は、ストレスからくるもの・ホルモンバランスが崩れている(乱れる)からだと言う事。

生理前のイライラ『月経前緊張症(PMS)』もホルモンバランスが崩れている事で起こると言う事。

私は恥ずかしながら、女性であるにも関わらず女性ホルモンについて
深く考えた事が今まで一度もありませんでした。

他にも、色々と調べて行く内に慢性的なストレスも関係している事が解りました。

これらの事から、自分の今の現状を解消する為には

女性ホルモンバランスの乱れを整える

慢性的なストレスを解消する

以上の2点を行う事が必要だと考え、実践してみる事にしました。

女性特有のイライラへの対処法

女性ホルモンが乱れる原因としては、加齢・ストレス・生活習慣の乱れなどと言われています。

そして、女性ホルモンが乱れると自律神経も乱れると言う関係性があるのだそうです。

両方を良い状態にする為には

規則正しい生活をする

ストレスをため込まない

食生活

適度な運動やリラックス

が必要との事で、一般的にはヨガやアロマ・漢方やサプリ・納豆やナッツ類などの摂取などが
キーワードとして挙がっています。

私がまず最初に取り組んだのが、慢性的なストレスの解消です。

数年前までは、仕事漬けの多忙な日々で家にも寝に帰ってきている様な状況でしたので
私生活の悩みより仕事の悩みや疲労が勝っている状態でした。

しかし、数年前に退職・転職して規則正しい生活が出来る仕事になった為
一時的には自律神経の乱れも解消され、心穏やかな日々が続いていたのですが
義理の両親との同居の中で(10年ぐらいしています)、義理の両親に対してのストレスが
めきめきと増え、時々大爆発している状況がここ数年続いていました。

もちろん仕事でのストレスや他も多少はあります。

そこで、インターネットで調べたり
気分をリラックスさせる為に、お香を焚きながら好きな音楽を聴いたり
毎朝の瞑想時間を長くしてみたり
友達と定期的に行くウォーキングにプラスして、個人的に出来る運動を取り入れたり 等
様々な取り組みをしましたが、どうも改善されている実感はなく
(あくまでも個人的な見解です)

何だか更にイライラが酷くなっている気がする。

そうなると、自分は人間的に劣っていると自己嫌悪感が酷くなる。

と言った具合でした。

こんな日々が続くと、病院で漢方を処方してもらおうかとも思いましたが
そんな頃に辿り着いた答えが
「対象となるストレスと距離を取る・極力関わらない様にする」と言う事でした。

ここでの距離とは、物理的な距離も心理的な距離も両方です。

これは様々な本を読み、考え方の改善や怒りを鎮めるトレーニングをしたりしてみて
自分なりに出た答えでした。

私の場合の対照的なストレスとの距離の取り方の具体例は

●義理の両親と必要以上に会話をしない・良い嫁をやろうとする事をやめる
極力顔を合わせない様に、お互いの生活時間をずらすルールを決める

●職場で苦手だなと思う人は、自分と同じフィールドには居ない人だと考える
(気が合う人は2割・気が合わない人が2割・どちらでもない人が6割と考える)

●今イチ気が乗らない飲み会や会合に参加しない

こんな具合の内容です。

世間的にはお叱りを受けるであろう内容ですが
ここで大切にしようと決めた事が、他人からの評価は気にせずに
自分がストレスに感じている事を見つめ、出来る範囲で距離を取る事でした。

その結果、イライラが激減し(この後にご紹介するハーブティーとの相乗効果だと思っています)
これらを試してみてから約4か月経った今では
義理の両親とのコミュニケーションも自然に増やす事が出来る様になって来ました。

女性特有のイライラにハーブティーは効果あるのか?

心理的なストレスへの対処を重要視していた私ですが
姉が以前「ウーマンバランスブレンドティーってお茶飲みだしてからイライラが激減したよ」
と言っていたのを思い出し、まずは試しにと茶葉を1袋購入する事にしました。

何故そう思ったのかと言うと、単純に姉は私よりも怒りっぽい
ちょっと気難しい感じの気質なので、姉に効果があるなら
同じ血筋の私にも効果があるのでは?と思ったからです。

インターネットで注文し、届いてから早速毎日飲むことにしました。

茶葉をティースプーンで1杯(ネットには1~2杯とありましたが)
ポットに入れカップ1杯分ぐらいのお湯を注ぎ約5分待って飲みます。(ティーパックタイプもある様です)

茶葉はこんな感じで、女性のバランスを整える代表的なハーブであるチェストツリー・ヤロウフラワー・
レディースマントル・肌に嬉しいビタミンを豊富に含むハーブであるサフラワー・フェンネル・セージ・
天使のハーブと呼ばれる、女性に優しいアンゼリカ等がブレンドされているそうです。

スポンサードリンク

冷やして飲むより、ホットが良いと口コミに書かれていたので
暑い7月に薬だと我慢して飲み始めました。

味は結構独特で(スパイスっぽい味?がしました)、最初は毎日これを飲むのかと思うと少ししんどい気持ちでしたが
数日で味に慣れ、約4ヵ月経った今ではこのお茶を飲む事で
リラックスした気持ちにすらなる様になりました。

今では毎日は飲んでいませんが、最初の1か月ぐらいは毎日飲んでいました。

その結果、時々発作の様に大爆発していた激しいイライラが無くなった(緩やかな?イライラは時々ありますが)・
生理前のそこそこ酷かった生理痛がほとんどなくなった事・憂鬱な気分や自己嫌悪がかなり減った事
など、とても良い効果を実感する事が出来ました。

余談ですが、数年前までダイエットの為にほぼ毎日夜に納豆を食べていたのですが
飽きてしまい、いつからか食べなくなってしまいました。

しかし、今回この記事を書くにあたり色々と調べていたら
納豆に含まれる大豆イソフラボンが、月経前症候群(PMS)に効果があると
臨床結果で明らかになっているとの事。

これは早速、始めなければ!と今夜から納豆を食べる生活を始めようと思います。

まとめ

女性特有のイライラを解消する為に個人的に実践してきた
体験談を主にご紹介させて頂きました。

今、イライラする日々に悩んでいる方が少しでも気が楽になれたら
とても嬉しく思います。

慢性的なストレスを解消する為の対策と、ハーブティーや漢方など
自分に合ったツールを見つける事が大切なのだと思います。

私自身も、もっと知識を身に着けて色々と実践して行きたいと思います!

※人気ブログランキングに参加しています!応援お願いします♪

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 健康, 雑学, 食べ物/飲み物