月桃とはどんな植物?月桃茶の効能&作り方や沖縄生活での実体験をご紹介!

      2019/11/02

“月桃(ゲットウ)“と言う名前の植物は、本土では馴染みが薄いかもしれませんが
私の住んでいる沖縄では日常生活においても、とても身近な植物です。
(沖縄では誰もが知っている月桃ですが、九州南部にも分布している様です)

今では月桃エキスのアロマオイルや、バスソルト、石鹸、化粧水など様々な商品となって
お土産屋さんなどでもよく見かける様になりましたが
沖縄で一番ポピュラーな月桃の使い方と言えば『カーサ(葉)ムーチー(餅)』だと思います。

沖縄では、旧暦の12月8日にサンニン(月桃)の葉に包まれた紫色のムーチー(餅)を食べて
家族の健康や無病息災を願い、厄払いすると言う習慣があります。

黒糖や紅芋で味付けされたムーチーを包む月桃の葉には独特の香りと
ほのかな甘さも感じられ、月桃のこの香りは
沖縄の人にとっては、脳裏にしっかりと焼き付いている香りだと思います。

話が少し脱線してしまいましたが、この月桃と言う植物について
月桃をお茶にした月桃茶の効能や作り方などをご紹介して行きたいと思います。

スポンサードリンク

月桃とはどんな植物?

月に桃と書いて“月桃(ゲットウ)”
私は何とも美しい名前も含めて、初夏になる白く・先が薄いピンクになる蕾
葉の人を惹きつける独特な香り、全てが大好きです。

月桃は、ショウガ目ショウガ科ハナミョウガ属の多年草の植物です。
ショウガと同じく茎は地面の中(土の中)にあり、地面から伸びている茎の部分は
実は茎ではなく、偽茎なのだそうです。

沖縄の温暖な気候にあって、偽茎は2mぐらいまで伸びるものもあります。

公園や山などで育っている月桃は特に大きく育っている気がしますが
個人宅の庭先で育てられている月桃もあります。

大き目な楕円形の青々しい葉を付け、4月頃~初夏にかけて花を咲かせます。

スポンサードリンク

白い蕾をたくさん付けるその姿は、とても愛らしいものがあり
植物好きな方は(私もです)特に、その姿に目を奪われることだと思います。

秋になると赤い実を付けます。緑だった実が徐々に赤く色づいていく経過を見ているのも
日々の楽しみの一つでもあります。

月桃と言うと、花よりこの赤い実をイメージする方も多いかもしれません。

この赤い実を乾燥させてそのままポットに入れ、お茶として飲む事も出来ます。

※ボルトジンユについては、こちらをご参照下さい
ボルトジンユの効能&育て方とお茶の作り方は?奇跡の薬草の力を紹介!

※マンジェリコンについては、こちらをご参照下さい
命草(ぬちぐすい)マンジェリコンの驚きの効果

※同じく沖縄の身体に良いとされる植物“長命草(ちょうめいぐさ)”
 にも興味のある場合は、こちらをご参照下さい

1枚食べると3年長生きする!?沖縄の長命草の効果が凄い!

※石垣島で“ピパーツ”と呼ばれる島胡椒、“ヒハツモドキ”の
 効能については、こちらをご参照下さい

ヒハツモドキ(ピパーツ)の効能

月桃茶の効能

私も知った時にはとても驚いたのですが、月桃茶には赤ワインの34倍ものポリフェノール
含まれていると言われています。

美容の為に赤ワインを日々常飲する方もいると言われていますが、その34倍ものポリフェノールとなると
何だか凄そうだ・・・と思ったのは私だけではないと思います。

ポリフェノールには幾つかの種類がありますが、その効果において有名なのは
抗酸化作用が強く肌のダメージを保護し美肌作用(アンチエイジング)があるなどの効果だと思います。

月桃に含まれているポリフェノールは、主にタンニン類とフラボノイド類で構成され
以下の様な効能や効果があると言われています。

●美肌効果

●老化防止

●脂肪吸収の抑制効果

●保湿作用

●健胃・整腸効果

●便秘解消効果

●ストレスの緩和

●皮膚の炎症を抑える

●消臭

●虫除け

最近では月桃茶はノンカフェインの為、妊婦さんにもおすすめのお茶として
メディアなどで取り上げられる事もある様です。

月桃茶の作り方

ここでは、月桃の葉を使った月桃茶の作り方をご紹介させて頂きたいと思います。

実をお茶にする方法もありますが、葉であれば沖縄では1年中自宅でお茶を作る事が出来ます。
とても簡単なので、身近に月桃がある方は是非チャレンジしてみて下さい!

実がなる時期には葉と実をブレンドしてお茶にするのも良いですよね。


1:月桃の葉を綺麗に水で流し洗って、干しておくかタオルで水分を綺麗に拭き取る


2:適当な大きさにハサミでジョキジョキと切る



3:外で天日干しするか、室内で乾燥させる場合は新聞紙を広げてその上に切った葉を敷く

(外でも室内でも虫が付かない様に網カバーをした方が良いと思います)

4:3~4日程乾燥させる。我が家では弱風で扇風機を当て続けて乾燥させました

こんな感じになれば完成です!

さて、出来上がった月桃茶をお茶にして飲みましょう。

我が家では、お鍋で沸騰させた1.5Lぐらいのお湯に月桃茶を3つかみ程(適当な量です)入れます。
5分程沸かし、火を止めてから10~15分程蒸らして茶葉を濾して出来上がりです。

ホットで飲んでも、冷ましてから冷蔵庫に入れて冷茶にしてもどちらでも美味しいです。

私は冷茶にして、味が濃いなと感じる日は水で薄めて飲んでいます。

沖縄の暮らしで、月桃の香りが身近にあるからなのか
どんな市販の他のハーブティーよりも美味しいと感じてしまいます。

ほのかな甘さと独特な香りがリラックスさせてくれ、肌にも良い。

個人的な感想ですが、日々のちょっとした事でのイライラも減った様に感じます。

実際に月桃の葉で作るのが難しい方は市販のティーパックで
月桃茶生活を始められてみてはいかがでしょうか?

まとめ

月桃茶についてご紹介させて頂きました。

月桃の香りを感じながらリラックスタイム&美肌作り。

余談ですが、月桃には消臭効果もあると言われていますので、お茶にした後の茶殻は
そのまま生ゴミに捨てると良いと思います。

又、虫除け効果も期待されるので葉を乾燥させずに、そのまま水に浸して虫除けスプレーにするなど
月桃には様々な活用方法があります。

是非、月桃を日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

※人気ブログランキングに参加しています!応援お願いします♪

人気ブログランキングへ

 

スポンサードリンク

 - 健康, 沖縄, 美容, 自然, 雑学, 食べ物/飲み物