桜の開花予想2020年!九州~関西の満開はいつ頃の見込み?

      2020/01/13

長く寒い冬が過ぎると、待ちに待った春がやって来ます。

日本の春と言えば桜、そしてお花見です。

美味しいお弁当を持参してのお花見や、桜を眺めながらただぼんやりと過ごす
そんな休日の至福の時間、幸せですよね。

最近ではインスタやフェイスブックなどに、桜満開の光景を写真に収めようと
楽しみにされている方もきっと多いと思います。

とっておきの綺麗な写真が1枚でも撮れると盛り上がりますよね。

桜のトンネル・花吹雪・桜が散った後のピンク色の絨毯。

そして満開が過ぎた後も若々しいグリーンが際立つ葉桜の咲く空間も
フレッシュな光景で私は好きです。

どれをとっても、桜のある日本の風景は私たちの胸を打ち
世界の人々をも魅了すると言っても過言ではないと思います。

お花見や旅行などを計画されている場合、早目に開花や見頃がいつ頃なのか
知りたいものですよね。

今年2020年の桜の開花予想、九州~関西地方にかけてをご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

桜の開花予想2020年は?

毎年の桜の開花予想と言えば、気象庁と言うイメージを持たれている方も
もしかしたらまだ多いのかもしれません。

しかし、昭和30年から始まった気象庁による桜の開花予想は
平成21年をもって終了しています。

意外に思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

理由としては、気象庁の情報に近い情報の提供が民間の気象事業者から
行われる事になったからなのだとか。

さて、今年2020年の桜の開花予想は、全国的に平年よりは早めの開花が予想されています。

では、九州や関西などの開花予想はどうなっているのでしょうか?

桜の開花予想2020年 関西や九州は?

九州から中部・四国・関西にかけての開花予想は以下の通りとなっています。

鹿児島・・・3月25日

福岡・・・・3月20日

高知・・・・3月19日

広島・・・・3月22日

大阪・・・・3月25日

京都・・・・3月23日

又、各地の満開予想日は

●鹿児島・・・4月5日頃

●福岡・・・3月29日頃

●高知・・・3月27日頃

●大阪・・・4月1日頃

●京都・・・4月1日頃

となっています。

開花から満開までの日数は、その年の気候や地域によっても異なりますが
過去のデータを見てみると九州地方・四国は8日~9日
中国地方は約1週間程度が多い様です。

ちなみに、満開と言っても「8分咲」を満開と言います。

今から各地域のあたり一面が桜で染まる光景を見るのを心待ちにしたいものです。

同じ場所を同じアングルで、四季折々の写真を撮るのも楽しそうですね。
桜の季節・紅葉の季節・雪景色とそれぞれ違った表情や魅力を発見できると思います。

スポンサードリンク

まとめ

今年2020年の桜の開花予想、九州から関西までをご紹介させて頂きました。

デートやお散歩・お花見の計画を立てるのが今から楽しみですね!

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - スポット, 自然 ,