スーパームーン2019年はいつ?地震発生に関連していると言う噂は本当?

   

近年、ニュースなどで耳にする事が多くなった「スーパームーン」

私が子供の頃には全く聞いた事のない言葉だったのですが
一体、いつ頃からスーパームーンが世間に広まったのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そもそもスーパームーンとは、簡単に言えば『いつもより大きな満月』です。

きっと誰でも一度は「今日の満月はいつもより大きいなー!」と驚いた経験があるかもしれません。

そんなスーパームーンは、実は天文学における正式な用語ではなく
占星術に由来しているのだそうです。

そして、余談ですが「スーパームーン」は2015年の流行語大賞の候補にも
ノミネートされていました。

個人的に月も星も大好きなのですが、満月を眺めていると
いつもは感じない何か、何だかパワーが静かに沸いて来る気持ちになるものです。

今から2019年のスーパームーンとなる日を確認しておきましょう!

そして『スーパームーンは地震発生に関連している』
こんな噂は本当なのかも検証してみましょう。

スポンサードリンク

スーパームーン2019年はいつ?

スーパームーンとは、地球と地球を周回する月の距離が
最も近づいた時(90%以内)に満月又は新月を迎える事を「スーパームーン」と呼びます。

そんなスーパームーンより更に大きく満月が見える、
「エクストラ・スーパームーン」 は月と地球が最接近してから1時間以内に
満月又は新月を迎える状態を呼び、この状態での満月を見る事が出来るのは
18年に1度と言われています。(1番近年では2014年)

2016年11月のスーパームーンは68年ぶりの超接近で「ウルトラスーパームーン」と
ニュースなどでも大々的に取り上げられていましたよね。

さて、そんなスーパームーンですが2019年
最初で最後のスーパームーンを見る事が出来るのは2月19日(火)から20日(水)にかけてです。

この日、月が最大となるのは2月20日(水)の深夜0時54分ですが
最も近づくのは、2月19日(火)の18時7分となります。

天気が良ければ、日本の各地で美しいスーパームーンを眺める事が出来るでしょう。

スポンサードリンク

スーパームーンは地震発生に関連している?

スーパームーンに限らず、月や太陽の引力が地震の発生に関係していると言う専門家の意見や
様々な噂・言い伝えを聞いた事はありませんか?

そもそも『スーパームーンが地震を引き起こしている』と言った様な話が出回るきっかけとなったのが
東日本大震災(3.11)の9日後にスーパームーンが観測された事からなのだそうです。

他にも、2004年のスマトラ島沖地震や他地域での地震の1~2週間以内に
スーパームーンが重なった事もあり、この様な話が世間に広まりました。

震源の深さが40km以下で起こる地震は、月の引力による影響があると言う学説もある様ですが
実際にはスーパームーンが地震を引き起こすと言う、科学的根拠はありません。

スマトラ島沖地震や、東日本大震災の前後でスーパームーンが観測された事がインパクトとなり
噂となって耳にする事がありましたが、スーパームーンが全く関係していない地震も数多くあったのだそうです。

『スーパームーンは不吉』と言った噂もあり、不安な気持ちになった方もいらっしゃるかもしれませんが
これで安心して月光浴を楽しめますよね。

まとめ

2019年のスーパームーンの日や、地震発生との関連についてをご紹介させて頂きました。

私は月を見るのが好きで夜空を眺める事が多いのですが
満月の日は特別な空気感が漂っている様に感じます。

2019年、1度だけの特別なスーパームーンをゆっくりと見上げてみませんか?

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 自然, 雑学