台風19号2018最新進路&米軍予想!非常に強い台風となって九州を直撃!?【8月17日】

   

昨日8月16日にマリアナ諸島付近で台風19号(ソーリック)が発生しました。

連日の台風発生に驚いている方も多いと思いますが
5日連続の台風発生は、気象庁によると1951年の統計開始以降初めての事で
史上初の事態なのだそうです。

連日の台風発生の要因としては、日本の南の海面の水温が高く
その水蒸気をエネルギーとする事で、台風が発生しやすい状態になっているとの事です。

今後の進路や勢力が気になる台風19号の最新進路予想をお伝えします。

スポンサードリンク

台風19号2018の最新進路情報 今後は?

台風19号の現在の情報と、今後の進路予想をお伝えします。

台風19号(ソーリック)は現在、小笠原近海にあって北北西へ30kmの速度で進んでいます。

現在の中心気圧は985hpaです。

明日18日(土)には「強い」台風となり父島の南西へと進む見込みです。

「非常に強い」台風となる見込みの台風19号の今後の動きに注目です。

スポンサードリンク

台風19号の米軍予想は?

8月17日現在の米軍予想図です。


【出典】米軍合同台風警報センター(JTWC)

米軍予想では、九州を直撃する様なルートとなっています。

又、今日8月17日(金) 18時45分発表の気象庁の台風19号の今後の予報は以下の通りです。

【台風19号(ソーリック)】

 8月17日 18時の実況

● 存在地域/ 小笠原近海
● 進行方向・速さ/ 北北西 30km/h
● 中心気圧/ 985hPa
● 中心付近の最大風速/ 30m/s(55kt)
● 最大瞬間風速/ 40m/s(80kt)
● 25m/s以上の暴風域/ 全域70km(40NM)
● 15m/s以上の強風域/ 東側500km(270NM)
             西側280km(150NM)

 8月18日 6時の予報

● 強さ/ 強い
● 存在地域/ 父島の南西約380km
● 進行方向・速さ/ 北北西 ゆっくり
● 中心気圧/ 975hPa
● 中心付近の最大風速/ 35m/s(65kt)
● 最大瞬間風速/ 50m/s(95kt)
● 予報円の半径/ 60km(30NM)
● 暴風警戒域/ 全域140km(75NM)

8月18日 18時の予報

● 強さ/ 強い
● 存在地域/ 父島の南西約350km
● 進行方向・速さ/ ほとんど停滞
● 中心気圧/ 970hPa
● 中心付近の最大風速/ 35m/s(70kt)
● 最大瞬間風速/ 50m/s(100kt)
● 予報円の半径/ 110km(60NM)
● 暴風警戒域/ 全域200km(110NM)

スポンサードリンク
 8月19日 15時の予報

● 強さ/ 強い
● 存在地域/ 日本の南
● 進行方向・速さ/ 西北西 ゆっくり
● 中心気圧/ 955hPa
● 中心付近の最大風速/ 40m/s(80kt)
● 最大瞬間風速/ 60m/s(115kt)
● 予報円の半径/ 180km(95NM)
● 暴風警戒域/ 全域310km(170NM)

 8月20日 15時の予報

● 強さ/ 非常に強い
● 存在地域/ 日本の南
● 進行方向・速さ/ 西北西 15km/h
● 中心気圧/ 950hPa
● 中心付近の最大風速/ 45m/s(85kt)
● 最大瞬間風速/ 60m/s(120kt)
● 予報円の半径/ 240km(130NM)
● 暴風警戒域/ 全域370km(200NM)


【出典】気象庁ホームページ 台風情報

台風19号は非常に強い台風となって九州を直撃!?

台風19号は、明日19日(土)には「強い」台風となり父島の南西へと進む見込みです。

その後、20日(日)には「非常に強い」台風となり、21日(月)には沖縄や奄美地方へ近付き
更に、22日(火)には九州や四国などに近付く見込みと予想
されています。

今回の台風19号は、最近発生していた台風に比べ勢力があまり衰えない状態で接近や
上陸の恐れもあるとされています。

明日以降も、今後の台風の進路に注目しましょう。

まとめ

台風19号の最新進路予想と、本州への接近の可能性についてご紹介させて頂きました。

非常に強い台風まで発達する予想となっている台風ですので
今後の進路や勢力の発達予想、そして接近・上陸の恐れがある場合には
厳重な台風対策や避難経路の確認などを行いたいものです。

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 天気 ,