台風15号最新進路&米軍情報!九州への影響は色濃い!?【8月13日】

      2018/08/17

昨日8月12日に小笠原近海で発生した台風15号(リーピ)

現時点では996hpaと、それほど勢力の強くない台風ですが
現在日本の南の海上を北上し、明日14日には九州南部に接近する見込みです。

今後の進路や風速、大雨など気になるところの台風15号の最新進路予想をお伝えします。

スポンサードリンク

台風15号2018の最新進路情報 今後は?

台風15号の現在の情報と、今後の進路予想をお伝えします。

台風15号(リーピ)は現在、父島の西約380kmにあって北西へ20kmの速度で進んでいます。

現在の中心気圧は996hpaと勢力は強くありません。

明日14日には九州南部へ接近し、その後15日には東シナ海へと抜ける見込みとなっています。

夏の旅行のトップシーズン・お盆休みで帰省されている方も多いので
今後の台風15号の動きに注意が必要です。

スポンサードリンク

台風15号の米軍予想は?

8月13日現在の米軍予想図です。


【出典】米軍合同台風警報センター(JTWC)

又、今日8月13日(月) 18時45分発表の気象庁の台風15号の今後の予報は以下の通りです。

【台風15号(リーピ)】

 8月13日 18時の実況

● 存在地域/ 父島の西約380km
● 進行方向・速さ/ 北西 20km/h
● 中心気圧/ 996hPa
● 中心付近の最大風速/ 25m/s(50kt)
● 最大瞬間風速/ 35m/s(70kt)
● 15m/s以上の強風域/ 北東側280km(150NM)
             南西側170km(90NM)

 8月14日 6時の予報

● 存在地域/ 日本の南
● 進行方向・速さ/ 北西 30km/h
● 中心気圧/ 996hPa
● 中心付近の最大風速/ 25m/s(50kt)
● 最大瞬間風速/ 35m/s(70kt)
● 予報円の半径/ 70km(40NM)

8月14日 18時の予報

● 存在地域/ 種子島の東北東約60km
● 進行方向・速さ/ 西北西 35km/h
● 中心気圧/ 998hPa
● 中心付近の最大風速/ 23m/s(45kt)
● 最大瞬間風速/ 35m/s(65kt)
● 予報円の半径/ 110km(60NM)

スポンサードリンク
 8月15日 15時の予報

● 存在地域/ 東シナ海
● 進行方向・速さ/ 西北西 30km/h
● 中心気圧/ 1000hPa
● 中心付近の最大風速/ 18m/s(35kt)
● 最大瞬間風速/ 25m/s(50kt)
● 予報円の半径/ 200km(110NM)

 8月16日 15時の予報

● 熱帯低気圧
● 存在地域/ 東シナ海
● 進行方向・速さ/ 南南西 20km/h
● 中心気圧/ 1002hPa
● 予報円の半径/ 410km(220NM)


【出典】気象庁ホームページ 台風情報

台風15号は九州に接近する!?

現時点では勢力も強くない台風15号ですが
明日14日には九州南部にかなり接近し、15日には九州の西へ抜け東シナ海を西寄りに進む見込みとなっています。

気象庁は、暴風や大雨・高波・高潮・落雷などに注意を呼び掛けています。

明日14日の各地の予想最大風速・最大瞬間風速は

●九州南部 23メートル(最大瞬間風速35メートル)
●奄美   18メートル(最大瞬間風速30メートル)
●九州北部 15メートル(最大瞬間風速25メートル)

と予想されています。

今後の台風の進路や、各自治体の注意報・警報などにも注意が必要です。

まとめ

台風15号の最新進路予想と、九州への接近の可能性についてご紹介させて頂きました。

お盆休みの真っただ中です。

大きな影響が出ない事を願いたいものです。

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 天気 ,