台風10号2018最新進路&米軍予想!沖縄本島を直撃!?【7月19日】

   

昨日7月18日の夜に、台風10号(アンピル)が発生しました。

つい先日、台風8号の影響を受けたばかりの沖縄地方に
再び接近が予想されています。

現時点では、994hpaとそれほど強い勢力ではないものの
今後、発達しながら沖縄地方に接近する見込みとされており
地元に住む方々や、週末に沖縄旅行を計画している方々は
今後の進路に不安を抱いていると思います。

そんな台風10号の最新進路予想をお伝えします。

スポンサードリンク

台風10号2018の最新進路情報 今後は?

台風10号の現在の情報と、今後の進路予想をお伝えします。

台風10号(アンピル)は現在、日本の南にあって時速20kmの速度で北北東へと進んでいます。
現在の中心気圧は994hpaと勢力は強くありません。

しかし今後、勢力が強くなって行く予想ですので
細心の注意と最新の進路状況を入手したいものです。

スポンサードリンク

台風10号の米軍予想は?

7月19日現在の米軍予想図です。


【出典】米軍合同台風警報センター(JTWC)

又、7月19日 18時の気象庁の台風10号の今後の予報は以下の通りです。

【台風10号(アンピル)】

 7月19日 18時の実況

● 存在地域/ 日本の南
● 進行方向・速さ/ 北北東 20km/h
● 中心気圧/ 994hPa
● 中心付近の最大風速/ 20m/s(40kt)
● 最大瞬間風速/ 30m/s(60kt)
● 15m/s以上の強風域/ 南側440km(240NM)
             北側280km(150NM)

 7月20日 6時の予報

● 存在地域/ 日本の南
● 進行方向・速さ/ 北 15km/h
● 中心気圧/ 990hPa
● 中心付近の最大風速/ 23m/s(45kt)
● 最大瞬間風速/ 35m/s(65kt)
● 予報円の半径/ 60km(30NM) 

7月20日 18時の予報

● 存在地域/ 南大東島の南南西約80km
● 進行方向・速さ/ 北北西 20km/h
● 中心気圧/ 985hPa
● 中心付近の最大風速/ 25m/s(50kt)
● 最大瞬間風速/ 35m/s(70kt)
● 予報円の半径/ 110km(60NM)

 7月21日 15時の予報

スポンサードリンク

● 存在地域/ 那覇市の北西約230km
● 進行方向・速さ/ 北西 30km/h
● 中心気圧/ 975hPa
● 中心付近の最大風速/ 30m/s(60kt)
● 最大瞬間風速/ 45m/s(85kt)
● 予報円の半径/ 200km(110NM)
● 暴風警戒域/ 全域310km(170NM)

 7月22日 15時の予報

● 存在地域/ 華中
● 進行方向・速さ/ 西北西 25km/h
● 中心気圧/ 985hPa
● 中心付近の最大風速/ 25m/s(50kt)
● 最大瞬間風速/ 35m/s(70kt)
● 予報円の半径/ 260km(140NM)


【出典】気象庁ホームページ 台風情報

台風10号は沖縄を直撃する!?

現時点では勢力も強くない台風10号ですが
今後、勢力を強めながら21日の土曜日には暴風域を伴いながら
沖縄地方本島地方を直撃する可能性
があると予想されています。

最接近は、大東島地方が20日の夜となり
沖縄本島地方・宮古島地方は朝から昼頃にかけてと予想されています。

予想される21日の最大風速は、沖縄本島地方と久米島で30メートル(最大瞬間風速45メートル)
宮古島地方では、23メートル(最大瞬間風速35メートル)とされています。

明日以降も台風10号の進路予想に注目したいと思います。

まとめ

台風10号の最新進路予想と、沖縄への直撃の可能性についてご紹介させて頂きました。

台風8号に続く台風の接近となる沖縄地方。

観光のトップシーズンでもありますので、県外から沖縄に滞在されている方も
充分な安全対策を心掛けたいものです。

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 天気, 沖縄 ,