関西の梅雨入り時期2018年はいつ頃?過去の気象庁データを元に予想!

   

関西と言えば、くいだおれの街・大阪でのグルメツアーや
豊富なアトラクションが楽しいユニバーサルスタジオ・ジャパン(USJ)
四季折々の日本の美や風情を感じる事が出来る京都・奈良や
神戸の南京町など観光スポットが満載ですよね。

大阪も楽しいですし、京都も好きですが
どこか田舎の懐かしさや素朴な空気感も多く感じられる奈良が好きです。

そして個人的には、大阪の万博公園の太陽の塔を見てみたいなと思っています。
一般向けに内部公開も行っていると言う事ですから、尚更です。

さて、6月~7月頃に関西への旅行や、日帰り旅行などを計画している場合
やはり気になるのが梅雨入り時期がいつ頃になるのか?と言う事ですよね。

過去の気象庁のデータを元に、関西の今年2018年の梅雨入り時期を予想してみました!

スポンサードリンク

関西の梅雨入り2018年はいつ頃?

気象庁のホームページでは近畿地方として、過去の梅雨入り日を確認する事が出来ます。

ちなみに、近畿地方とは明確な定義はない様ですが一般的に
大阪府・京都府・奈良県・兵庫県・三重県・滋賀県・和歌山県を指します。

これに対し、関西地方とは大阪府・京都府・奈良県・兵庫県・滋賀県・和歌山県を指す事が一般的に多く
近畿地方から三重県を除いた、2府4県となります。

近畿地方の梅雨入りは、早い年で5月の中旬頃、遅い年で6月の中旬頃には入ると言った所です。

梅雨入りが早い年と遅い年で約1か月近くも開きがあるのが特徴です。

予測が立てにくいとも言える近畿地方の梅雨入りですが、過去10年の気象庁による
データを見てみましょう!

スポンサードリンク
【近畿地方の梅雨入り 2008年 ~ 2017年】

●2008年・・・5月28日頃

●2009年・・・6月3日頃

●2010年・・・6月13日頃

●2011年・・・5月22日頃

●2012年・・・6月8日頃

●2013年・・・5月27日頃

●2014年・・・6月3日頃

●2015年・・・6月3日頃

●2016年・・・6月4日頃

●2017年・・・6月20日頃

‹出典:気象庁ホームページ›

この様に過去10年の近畿地方の梅雨入り日を見てみると、
5月の下旬に梅雨入りをしている年が、10年中3年あり、30%の確率となります。

気象庁ホームページでは1951年から2017年までの梅雨入り日が記載されていますが
66年間の平均梅雨入り日は、6月7日頃となっています。

2014年~昨年2016年にかけての梅雨入りは、ほぼ平年並みでしたが
昨年2017年は時期が遅くなり、6月20日頃の梅雨入りとなりました。

過去のデータを元に考えてみると、今年2017年の梅雨入りは6月1日頃~6月15日頃が有力ではないかと思います。

まとめ

関西の今年2018年の梅雨入り時期を、過去のデータを元に予想してみました。

ゴールデンウィークも過ぎ、特に大型連休の無い6月ですが
オフシーズンにゆっくりと旅行や、日帰りのレジャーなどを予定されている場合の
参考にして頂けると幸いです!

※人気ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 天気