鎌倉花火大会2018年の日程&穴場スポットのご紹介!湘南の夏を彩る水中花火

   

関東の中でも有数の観光スポットである鎌倉。

鎌倉や北鎌倉駅周辺の四季折々の寺院めぐりや、鎌倉~江の島までの江ノ電の電車ぶらり旅も
のどかな休日を楽しめると昔も今も人気です。

そんな鎌倉の三大観光行事の1つが夏の湘南の夜空を彩る花火大会です。

毎年7月に鎌倉海岸で開催され、潮風を感じながら見る華やかな打ち上げ花火を堪能しようと
例年、約15万人もの人手がある関東でも人気の花火大会ですが
昨年2017年は、4月10日の花火大会実行委員会において中止が発表され、残念だと言う声や
がっかりムードが広まっていた中4月21日、鎌倉市長より花火大会を開催する旨が発表され
無事に開催となった経緯もありました。

そんな一波乱を乗り越え、開催を心待ちにしていたファンを満足させてくれた
鎌倉花火大会の、今年2018年の日程や穴場スポット情報などを
ご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク

鎌倉花火大会2018年の日程は?

昨年は、クラウドファンディングでも支援を集っての開催となった鎌倉花火大会ですが
今年は、無事平穏に開催を迎えられそうですね。

今年で記念すべき、第70回目となる鎌倉花火大会は7月24日(火)に開催されます。

打ち上げ時間は、19時20分~21時10分で
雨天・荒天・高波などの場合は、翌日の25日(水)に順延となり
25日にも実施できない場合には中止となります。

【鎌倉花火大会に関するお問い合わせ先】

鎌倉花火大会実行委員会事務局(鎌倉市観光協会内)
TEL:0467-23-3050

スポンサードリンク

鎌倉花火大会の穴場スポットをご紹介!

鎌倉海岸にて開催される鎌倉花火大会ですが、人気の高い大規模な花火大会の為
例年朝から周辺が大混雑となります。

海上での打ち上げとなりますが、メイン会場は由比ヶ浜海岸・材木座海岸となり
電車利用の場合は、江ノ電の由比ヶ浜駅又は和田塚駅より徒歩で約5分の距離です。

会場となる砂浜での飲酒は、鎌倉市の条例により禁止となっていますので
気を付けましょう。

車の場合、気を付けたいのは国道134号線の大混雑です。

花火大会終了後は、毎年大渋滞となりますので県道311号線沿いの駐車場を
探した方が賢明かもしれません。

そんな大混雑必須の鎌倉花火大会は、海岸沿いであれば最寄り駅の2駅周辺以外でも見られる為
電車利用の場合は、最寄り2駅以外の駅で降りる事をおすすめします。

鎌倉花火大会の代名詞である水中花火(船から海へ花火が投げ込まれます)は
メイン会場から離れてしまうと見る事が難しいですが、打ち上げ花火を見るのであれば
以下のスポットが比較的混雑を避け、打ち上げ花火を楽しむ事が出来るスポットです。

鎌倉海浜公園 由比ヶ浜地区
最寄り駅は江ノ電の和田塚駅(徒歩5分)ですが、当日は和田塚駅・由比ヶ浜駅は大混雑しますので
JR鎌倉駅の利用をおすすめします。(徒歩にて約15分)
高台になっているので眺望が良いスポットです。

長谷駅近くの海岸
比較的、夕方頃にでも場所取りがしやすいです。
駅のすぐ脇の川を沿って、海へ出る事が出来ます。

披露山公園
車であればおすすめです。高台から見る打ち上げ花火は小さめですが、ゆっくりと打ち上げ花火を楽しめます。

まとめ

鎌倉花火大会の2018年の日程と穴場スポットをご紹介させて頂きました!

日中は、鎌倉周辺や江の島などをお散歩・ランチを楽しみながら
夜は華麗な水中花火や打ち上げ花火を、潮風を感じながら堪能する。

夏の鎌倉・湘南を楽しむ充実した1日となりそうですね。

メイン会場付近で早い時間から場所取りをされる場合は、くれぐれも熱中症対策を万全に
充分な水分補給を心掛けて楽しい夏の想い出を作って下さい。

当日、お天気に恵まれ湘南の夜空に華麗な花火が舞う事を願っています!

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - イベント, 遊び/趣味 , ,