父の日のプレゼントは何が喜ばれる?

   

6月は祝日がなく、社会人にとっては意外と忙しい月ですよね。

そんな6月の第3日曜日(今年は19日です!)に “父の日”がやって来ます。“母の日” はしっかり覚えていて、プレゼントも準備し、

お祝いをするという声がよく聞かれますが、何故か“父の日”になると『父の日っていつだっけ??』という声が聞こえる様になります。

そんな、少し存在感が危うい気すらしてしまう“父の日”ですが、日頃頑張ってくれるお父さんやお義父さんに感謝の気持ちを伝えましょう!

スポンサードリンク

それにしても、カーネーションと言う絶対的シンボルがある“母の日”ですが、“父の日”って何をプレゼントするのが定番なの??と思いますよね。バラの花や、最近ではひまわり等の黄色い花をプレゼントするというステータスもある様ですが、そもそも男性って花束をプレゼントされて

喜ぶか?という疑問も。お酒やネクタイ・靴下などの定番もちょっとつまらないと感じてしまう。そこで、社会人の“父の日”のプレゼントの予算平均¥3,000~¥5,000を踏まえ、【お父さん(お義父さん)が自分では買わなさそうな物】というキーワードで考えてみました。

スポンサードリンク

●スイーツや国産ブランドのフルーツ・・・ 職場内などをみてもそうだと思うのですが、甘いもの好きな男性って結構多いです。でもスイーツな どを自分で買うのは抵抗があるのでは?デパートなどで季節のフルーツを使用したスイーツや、国産マンゴーなど普段購入する機会がないものが喜ばれそうです。


●メダカ・・・ 熱帯魚は飼育や飼育前の準備が大変そう。それに比べメダカは熱帯魚ではないので海水ではなく水で大丈夫、簡単に飼育出来る、見ていて癒される。など地味な印象のメダカですが魅力がいっぱい!昔ながらのガラスの金魚鉢でなくても、モダンなガラスの器や陶器・焼き物の器に水草や水連などを合わせると、小さなお洒落で癒しの空間が。


●観葉植物/ミニ盆栽・・・ 女性の様に口数も多くなく、人知れずストレスを溜め込む男性が多いそうです。植物を育てる事が好きであっても、そうでなくても、手間が掛からない観葉植物やお洒落な陶器の器に入ったミニ盆栽なら疲れた心を癒してくれるでしょう。ホームセンターや

お花屋さん・インターネット上でも購入出来ます。


少しでも参考になれば嬉しいです!

スポンサードリンク

 - イベント