十五夜の月見団子とすすきの飾り方

   

毎年、旧暦の8月15日を「十五夜」「中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)」と言います。
十五夜は中国から伝わった風習とされていますが、十五夜と言えば“お月見” “満月” “月見団子” “すすき” 等の
イメージではないでしょうか?

十五夜は必ずしも満月とは限りませんが、月見団子やすすきを飾りながら美しい秋の月を鑑賞したいもの(^^)
しかし、月見団子はどういったものでどの様に飾るのでしょうか?すすきにも正式な飾り方があるのか疑問です。

スポンサードリンク

月見団子はどんなお団子でどの様に飾るべきか? 

月見団子のイメージと言えば、白い小さめなまん丸な印象です。この白いまん丸な形は満月を表している様で、
あんこ入りとあんこ無しがあるのだとか。この定番の月見団子は中部~関東の物らしく、他にも全国各地で様々な月見団子が
存在する様です。

●里芋型のあんこのせ(大阪・関西地方) ●へそ餠(静岡県) ●串団子タイプ ●あずきが周囲に沢山付いたお餅(沖縄県) 等、
驚く程バリエーションに富んだ多種多様な月見団子が!

そんな月見団子の飾り方と供える数としては、
●12個(満月の数/その年に出た満月の数。平年は12個、閏年は13個)
●15個(15夜に合わせて)
と言う2つの説があるそうです。15個の場合は、1段目に9個(3個×3個)、2段目に4個(2個×2個)、3段目に2個(縦方向に)を本来は台(三方という木の器)に白い紙(てんぷら紙や半紙など)を敷いて飾るそうですが、三方がある家庭は少ない事からお皿やお盆でも良いのだそうです。

スポンサードリンク

月見団子を作る場合は、1.5寸(4.5cm)で作ると縁起が良いのだそうです。
形は真ん丸は実は縁起が悪いとの事で、楕円形に作るのが良いのだとか。

月見団子はお月様がよく見える場所や床の間に飾ります。お月様から見て右に月見団子、左にススキや果物や野菜等のお供え物を
置くのが良いのだそうです。

a0960_005181

すすきを飾る意味と飾り方 

月見団子とセット的な感じのすすきですが、魔除けとして飾るのだそうです。そしてすすきは月の神様を招く為の依代(よりしろ)として
飾るのだとか。

すすきのを飾る際、月の神様の依代として考えると正式には1本という説や、3本~5本が良いという説など様々ですが、あまり形式には拘らなくて
良さそうです。花瓶に秋の草花等と一緒に飾ると素敵ですよね(^^)

のんびりと月見団子を食べながら秋の美しい月を堪能してみては如何でしょうか?(^^)

スポンサードリンク

 - イベント, 日常 ,