くらやみ祭り2018年の日程&アクセスや見どころをご紹介!かつては暗闇で行われた壮大なお祭り

   

毎年、東京都府中市で行われる「くらやみ祭り」

きっと初めてこの名前を聞いた方の中には『真っ暗闇の中のお祭り!?』と
思われる方も少なくはないと思います。

くらやみ祭りは、正確には「武蔵府中くらやみ祭り」と言い
東京五社の一社である大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)の例大祭で
みこしや山車の巡業や、数多くの屋台の出店などもあり
例年、大勢の人出で活気あふれるお祭りです。

そんなくらやみ祭りの、今年2018年の日程やアクセス
見どころや屋台情報などをご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク

くらやみ祭り2018年の日程

くらやみ祭りは、毎年ゴールデンウィークの4月30日~5月6日まで開催され
期間中、約70万人もの人出と言われる程人気のあるお祭りです。

今年2018年は4月30日が月曜日の祝日、5月6日が日曜日となっています。

1週間と、長い期間開催されるお祭りですが
主となる例大祭は、5月3日(木・祝)~6日(日)の4日間です。

神輿や山車の巡業などは18時頃からとなり
その名前の通り、夜に大勢の見物の方が集まり盛り上がるお祭りですが
所狭しと並ぶ約500店とも言われる屋台は、9時頃~22時頃までの営業が多いので
明るい時間でも十分にお祭り気分を満喫できます。

※屋台の出店は5月3日~5月6日ですが、6日は数が減少します。

スポンサードリンク

くらやみ祭りへのアクセス

府中市の大國魂神社の例大祭であるくらやみ祭りへの交通アクセスは

●電車の場合
京王線「府中駅」より徒歩にて約5分

●車の場合
中央道国立府中ICから国道20号線経由で約15分

となりますが、気を付けたいのは5月3日~6日の4日間は
会場周辺に交通規制が敷かれる為公共の交通機関を利用される事をおすすめします。

※大國魂神社の駐車場は、くらやみ祭り開催中は使用できません。
周辺にはコインパーキングが複数ありますが、駐車は難しいと思います。

くらやみ祭りの見どころ

大國魂神社の例大祭であるくらやみ祭りは、東京都指定無形民俗文化財であり
関東三大奇祭の一つです。

スポンサードリンク

「奇祭(きさい)」と聞くと、非常に怪しい・あまり見てはいけない様な内容の
お祭りをイメージされる方も多いと思います。

(私も初めて聞いた時はそうでした。)

奇祭の定義は、その地方独特の風習や伝承に基づいて行われるお祭りで
他の地域から見ると、風変わりなものに見えるものなのだそうです。

そして「くらやみ祭り」と言う、一風変わった名前の由来ですが
その昔は、暗闇の中で神輿渡御が行われていたことなのだそうです。

4月30日の品川海上禊祓式(汐汲み・お浜降り 9:30~)で始まるくらやみ祭りは
1週間の開催期間中、様々な行事が執り行われます。

その中でも注目したい見どころは

5月3日 山車の競演(18:00~19:40)
8基の山車を馬場大門けやき並木で見る事ができ、華やかなお祭りを味わえます。

5月4日 山車の巡業(18:00~21:00)
甲州街道・けやき並木を中心に24基の山車が曳き廻されます。
提灯が夜に揺れ、お囃子が鳴り響き幻想的な夜のお祭りを味わえます。

5月5日 御輿渡御(みこしとぎょ)(18:00~21:00)
「おいで」と呼ばれるくらやみ祭りのメインの行事です。
花火の合図と共に、豪華絢爛な8基の神輿が威勢の良い担ぎ手の掛け声と
太鼓の音に包まれながらお旅所まで渡御します。

見どころは他にも様々ありますが、18時頃からがメインとなってくる為
日が暮れる前には会場近辺入りして、屋台などを楽しみ
その後の行事を見物すると言う流れがおすすめです。

まとめ

府中で毎年行われる壮大なお祭り「くらやみ祭り」の見どころなどを
ご紹介させて頂きました。

かつては暗闇の中行われていた関東三大奇祭のひとつであるくらやみ祭りに
是非出掛けてみてはいかがでしょうか?

※人気ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - イベント, 雑学 ,