レモンバームのプランター栽培方法&効能や生ハーブティーの作り方をご紹介!

   

その名前の通り、葉っぱをぷちっとちぎるとふわっとレモンの香りが漂う「レモンバーム」

爽やかな柑橘系の香りが好きな方や、中々植物の栽培が上手に行かない方
ハーブが好きな方におすすめのハーブです。

自分で育てたレモンバームで、ほっとリラックスできるティータイムを
ゆったりと過ごしてみませんか?

スポンサードリンク

レモンバームをプランターで簡単に栽培してみませんか?

多年草のハーブの1種であるレモンバームを私が栽培し始めたきっかけとしては
リラックス効果がある(期待される)と言われているハーブティーは、購入すると
意外と高価なものが多いからです。

乾燥したリーフタイプのものはそれなりな値段がしますし、スーパーなどで
ティーバックタイプのものを購入しても、安くても10パック入りで¥300はすると思います。

私は節約が趣味(?)なので、ある日『自分で栽培してみたら低コストなのでは?』と思い
自宅にあるプランターと土・100円ショップで購入したレモンバームの種で栽培を始めました。

レモンバームを栽培する際は、種を蒔くか苗を植えるかのどちらかになりますが
一般的には、苗で購入する事が多い様です。

栽培方法やポイントは以下の通りです。

●種まき(植え付け)は4~5月又は9月~10月

●収穫時期は4月~11月 随時、葉を摘み取って収穫します。

●日当たりのよい場所を好みます。半日陰でも育ちます。

●発芽適温と生育適温は15℃~20℃

●真夏の強い日差しや、乾燥を嫌います。

●寒さには強い

●養水分が不足すると香りが落ちます

私はプランターで栽培していますが、種を蒔いて、水をやり
その後は時々水をあげる程度でほったらかしにしておいたらどんどん育ちました。

水やりも神経質にならずに、気が向いたら(気が付いたら)あげる様にして
時々雑草を抜き、傷んでいる葉っぱをちぎってあげるぐらいで問題なく育つはずです。

スポンサードリンク

レモンバームの効能は?

ハーブと言うと、独特な香りや味が苦手と言う方も多いかもしれませんが
(私も昔はハーブに対してはあまり良い印象はありませんでした)

そんな方にこそおすすめしたいのがレモンバームです。

スポンサードリンク

味も香りも良いハーブとしても有名で、柑橘系の香りが苦手と言う訳でなければ
すっきりと爽やかな味わいと香りはとても好感度が高いと思います。

レモンバームの効能と言われている事は、主に以下の通りです。

リラックス効果

落ち込んだ気持ちを前向きにしてくれると言われています。不安で神経が高ぶっている時や
悩み事が多い時にハーブティーとして飲むと、穏やかに眠れるのだとか。

アレルギー症状を軽減

レモンバームの主成分である、ポリフェノールの1種ロズマリン酸には
免疫を正常化してアレルギー症状を起こすヒスタミンを抑える働きがあると言われています。

胃腸を整える

消化を助け、胃腸を整える作用があると言われています。ストレスで弱った胃を助ける
ハーブとしても知られています。

忙しい現代社会の、忙しい方にぴったりな楽ちん栽培&効果ですよね。

レモンバームを生で使ってハーブティーに!

育ったレモンバームは、3日~4日干して乾燥させる事も出来ますが
一番手っ取り早いのは生の葉っぱでハーブティーにする事だと思います。

ティーポットや急須を使用する場合は、水洗いしたお好みの量のをレモングラスの葉を
細かく刻んでお湯を入れ、蓋をして3~5分蒸らして完成。

更に簡単なのは、カップに直接作る方法です。

1:摘み取った葉、10枚ぐらいを水洗いする
(葉は、香が逃げるのでその日使用する分だけを摘み取る事をおすすめします)

2:カップに入れ、お湯を注ぐ

3:しばし待つ

これだけです。本当に簡単なので是非飲んでみて下さい!

お好みでハチミツやフレッシュオレンジを入れても美味しいです。

特に、カップに直接作る場合は飲む際に葉が邪魔になりますので
気になる場合は、カップに葉やお好みでハチミツを入れ
少量のお湯を入れて混ぜ、輪切りのオレンジで蓋をしてお湯を注ぐ飲み方をおすすめ
します。

まとめ

レモンバームの栽培方法・効能・生の葉を使ったハーブティーの作り方を
ご紹介させて頂きました。

休日や就寝前のリラックスタイムに、自家栽培のレモンバームティーで
ほっと一息ついてみませんか?

※人気ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 自然, 雑学, 食べ物/飲み物 ,