那覇ハーリー2018年の日程や見どころ&花火の穴場スポットをご紹介!

   

那覇のビッグイベントのひとつである「那覇ハーリー」

初夏の沖縄を活気づけるハーリーは海人(うみんちゅ)による豊漁・航海無事を祈願する為の行事で
複数名で船を漕ぎあい・競い合いながら行事は進行して行くもので
本来であれば、旧暦の5月4日に開催される伝統行事です。

那覇だけでは無く、沖縄県全域・各地で開催される海人だけでは無く、島人や観光客も
みんな一丸となって熱気を造り出すイベントとして知られています。

那覇ハーリーは例年の来場者が23万人(3日間総数)とも言われる程の
人気のイベントです。

そんな熱気渦巻く那覇ハーリーの、今年2018年の日程や
打ち上げ花火の穴場スポットなどをご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク

那覇ハーリー2018年の日程

600年の伝統を誇る那覇ハーリーは、沖縄県の中でのハーリーで最大規模を誇り
旧暦の5月4日では無く観光で沖縄を訪れている大勢のお客様にこの素晴らしい行事を体感して貰おうと
毎年ゴールデンウィークに開催されています。

そして、本来の船を漕ぎあい豊漁などを祈願すると言った内容だけでは無く
お笑いライブや相撲・打ち上げ花火などの他イベントが併せて開催される多彩なプログラムとなっています。

今年2018年の開催日は、5月3日(祝・木)~5月5日(祝・土)の3日間です。

時間は、10:00~21:00予定となり、開催場所は那覇港新港ふ頭です。
(専用駐車場無し・公共交通機関の利用が推奨されています)

3日間の開催日の内、ハーリーは初日の3日と最終日の5日で
中日の4日(祝・金)は、一般乗船体験が行われますので
お子様連れの方は、是非お子様の想い出作りに体験されてみてはいかがでしょうか?

県内最大規模の那覇ハーリーと他地域でのハーリーとの最大の違いは、船の漕ぎ手の人数です。

他地域が一艘のサバニ(船)に対し、漕ぎ手が10名(5名づつ2列に分かれます)と
舵取り(海人)が1名なのに対し、那覇ハーリーでは一艘の船に漕ぎ手が何と32名・
舵取りや旗持ちなど漕ぎ手以外の人数を合わせると42名
にもなる、正に大規模な競争となります。

そして、海人同士の競争だけでは無く、那覇市内の中学生による競争や
職業別の「職域ハーリー」には軍所属のアメリカ人チームなども見られ、沖縄らしいインターナショナルな雰囲気に
触れ合う事が出来ます。

晴れた日であれば青い空と、美しく輝く海で繰り広げられる男達の勇壮にドキドキ・ワクワク、
見ているだけでもついついのめり込んでしまう程の魅力がいっぱいです。

海人による迫力の競争は、最終日である5月5日になります。

(2018年3月9日現時点では、プログラムの詳細は発表されていません)

【那覇ハーリーに関するお問い合わせ先】

(一社)那覇市観光協会 TEL:098-862-1442

スポンサードリンク

那覇ハーリーの花火の穴場スポット

例年、開催期間中の毎日、20時40分~21時まで『音と光のファンタジー(花火)』が那覇の夜空を
鮮やかに・華やかに彩ります。(3日間での合計打ち上げ数は例年2,000発)

打ち上げ場所は海上(那覇新港付近)になり、打ち上げ時間は短いですが
那覇ハーリー会場からは至近距離での迫力のある花火を満喫出来ます!

会場以外にも打ち上げ花火を美しく鑑賞出来るスポットがありますので
穴場スポットを数か所ご紹介させて頂きます。

泊大橋

泊港に掛かる大きな橋で、夕日を見るベストポイントとしても有名です。
橋の上は駐車禁止ですので、車で付近まで行かれる際は徒歩で橋に上がって下さい。

クルージングで海上から花火を鑑賞

例年、この期間にダイビングショップなどが打ち上げ花火を見るクルージングを企画しています。
今年2018年(3月現在)は、まだあまり企画が発表されていない様ですが
昨年はパラダイスグループ ダイビングスクールさんのホームページで
那覇ハーリーの花火クルージング企画が掲載されていました。

今年はクルージング企画が開催されるかは不明ですが
興味のある方は、問い合わせてみてはいかがでしょうか?

お問い合わせ:パラダイス倶楽部 沖縄店 
TEL・098-869-7797

まとめ

ゴールデンウィークのビッグイベント、那覇ハーリーについて
ご紹介させて頂きました!

お天気に恵まれ、日中も夜の打ち上げ花火も満喫出来る3日間になると良いですね♪

※人気ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - イベント, 沖縄 ,