花粉症に効くヨーグルトの種類とは?効果的な食べ方はある?

   

寒い冬が過ぎ、暖かい春がやって来ると心もウキウキしますよね。

お花見など外でゆっくり過ごす時間もぐっと増えて来ます。

しかし、この爽やかで楽しい季節に悩まされるのが「花粉症」

くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみなど、どの症状をとってみても
日常生活に大きな支障をきたします。

そんな花粉症で悩む方はとても多いですが、一度はきっと聞いた事があるはずなのが
『花粉症対策として効くヨーグルトがある』と言う話。

あれこれ対策をしても中々症状が良くならないと辛い思いをする日々。

ヨーグルトを食べるだけで花粉症の症状が改善されるのであれば
こんなにお手軽な事はないと思いませんか?

花粉症に良いとされるヨーグルトのあれこれをご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク

花粉症対策に効くヨーグルトはどんな種類?

まず、花粉症にヨーグルトが効くと言われる理由は、簡単に述べると

免疫異常により起こる花粉症ですが、崩れた免疫細胞のバランスを整える働きが
乳酸菌を含むヨーグルトにはあるから。と言う事になります。

そして、花粉症に効果的とされる主な乳酸菌は以下の通りです。

●BB536乳酸菌

●L-55乳酸菌

●ビフィズス菌BE80

●LG21乳酸菌

●L-92乳酸菌

そして、これらの乳酸菌を含む主なヨーグルトは以下の通りです。

守る働く乳酸菌 L-92【カルピス】
ドリンクタイプ

明治プロビオヨーグルト LG21【明治】
ヨーグルト・ドリンクタイプ

ビヒダス【森永】
ヨーグルト・ドリンクタイプ

スーパーやコンビニなど、どこでも比較的購入しやすいプレーンヨーグルトと言えば
BB536乳酸菌を含むビヒダスかと思いますが
BB536乳酸菌にはこんな実験結果があります。

花粉症の44人に、BB536乳酸菌を約3か月間摂取してもらったところ
花粉症の自覚症状が緩和した。

BB536乳酸菌を摂取し、免疫力が高くなることで
花粉が入り込んだ体内の免疫バランスが崩れることを防止すると言う事です。

しかし、この実験結果からわかる事がひとつあります。

それは、ヨーグルトを食べた期間が3か月と言う事です。

この事からも、花粉症予防としてのヨーグルトに即効性はない事がわかります。

やはり、何事も日々の小さな積み重ねと言えるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

花粉症対策に効果的なヨーグルトの食べ方は?

ヨーグルトを単に毎日食べていれば良いのか、何か特別な食べ方が
あるのかと気になる方もいらっしゃると思います。

花粉症対策としてのヨーグルトの食べ方は

花粉症の症状が出る時期の2~4週間前から継続して食べる

一か月で効果を実感する人もいれば、半年たってもあまり効果を
感じられない人もいるそうなので個人差があります。

ヨーグルトは花粉症だけではなく、腸内環境の改善や美肌など様々な事に
効果があると言われているので、毎日の習慣にしてみませんか?

砂糖は使用せず、はちみつや黒砂糖を使用する

白砂糖を摂取する事で、免疫力低下などを防ぐビタミンBなどが
減少してしまうと言われています。

以上の事から、継続して毎日ヨーグルトを摂取する生活を
スタートしてみる事をおすすめします!
(私も毎朝ヨーグルトを食べる事が日課となっています)

まとめ

花粉症対策に効果的とされるヨーグルトのあれこれを
ご紹介させて頂きました。

辛い花粉症の症状を少しでも緩和しながら、美肌や「幸せホルモン」と呼ばれる
セロトニンを増やすとも言われるヨーグルトを
美味しく、楽しく日々食べてみて下さい!

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 健康, 雑学, 食べ物/飲み物