三浦海岸桜まつり2018年の日程やアクセス&屋台やライトアップ情報をご紹介!

   

桜と言えば一般的に薄いピンク色で、舞い散った花びらもまた美しい
ソメイヨシノやヤマザクラが浮かぶ方が多いと思います。

しかし、ソメイヨシノやヤマザクラよりも開花時期が早く
開花から満開までの期間が長い為、長期間に渡って一足早い春を
感じる事ができるのが「河津桜」です。

河津桜と言えば、濃いピンク色・大ぶりの花が特徴の桜で
1955年に静岡県河津町で見つかった原木が、1974年に河津桜と命名された事でも
有名な桜の一種ですが、河津桜は河津町まで行かなくても見る事が出来ます。

東京からのアクセスも良く、海風を感じながらデートやお散歩が楽しめる事で
もはや定番とも言える三浦海岸。

そんな三浦海岸では毎年、河津桜が咲き誇る桜まつりが開催されます。

家族で・友達と・デートでぜひ足を運んでみませんか?

スポンサードリンク

三浦海岸桜まつり2018年の日程

今年で16回目となる三浦海岸桜まつりは2018年2月5日(月)~3月4日(日)まで開催されます。

この期間を見て「開催期間が長い」と思った方も多いでしょう。

それもそのはず、河津桜は開花から満開までが約1か月と長いのです。

そして、ソメイヨシノなどの桜であれば見頃は満開の頃となりますが
河津桜の見頃は、花に勢いのある6~8分咲の頃です。

河津桜は満開時期を予想するのが難しいと言われ、又満開後も桜は散らずに色があせて行きます。

この事からも、開花情報が5分咲になった頃に桜祭りを訪れる予定を
たてても良いかもしれません。

スポンサードリンク

三浦海岸桜まつりへのアクセス&ライトアップ情報

三浦海岸桜まつりの会場は、京浜急行「三浦海岸駅」から小松ケ池公園までの
線路沿い約1kmの道
となります。

約1,000本の河津桜が咲き、菜の花との鮮やかな色の競演も見どころです。

又、三浦海岸駅前と一部線路沿いの河津桜はライトアップされるので
日中の晴れた青空の下の河津桜と、夜に浮かぶ姿の2通りを楽しむ事が出来ます。

会場周辺には駐車場が整っていない為、電車利用をおすすめします。

【ライトアップ情報】

●京浜急行「三浦海岸駅」前: 2月5日(月)~3月4日(日) 17:00~21:00
●線路沿いの河津桜: 2月10日(土)~2月28日(水) 17:30~20:30
 ※天候により中止となる場合があります

【三浦海岸桜まつりのお問い合わせ】

(一社)三浦市観光協会:046-888-0588

三浦海岸桜まつりの屋台情報

濃いピンクの愛くるしい桜を見て、一足早い春を満喫するお祭りですが
やはり、お祭りと言えば屋台(出店)ですよね。

三浦海岸桜まつりでは期間中、三浦海岸駅前に特設のテント村が設けられ
三浦の特産品や、地元産のフレッシュな野菜などが販売
されます。

毎年、この特産品販売を楽しみに来場される方も多く
東京からほど近い海辺の町で、思い思いの1日を過ごす事のできるお祭りです。

まとめ

今年2018年の三浦海岸桜まつり情報をご紹介させて頂きました。

個人的には、三浦海岸と言えば駅近くにある「まつばら」さんの海鮮丼。

今年も桜まつり期間中限定の海鮮丼定食は販売されるのでしょうか?

潮風を感じながら、河津桜と海の幸を存分に楽しんで下さいね♪

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - イベント, スポット, 自然 ,