河津桜の見頃2018年はいつ?心に残るおすすめの名所もご紹介!

   

静岡県の河津町で咲く桜として有名な「河津桜」は、ソメイヨシノなどの桜よりも開花時期が早く
開花し始めてから約1か月かけて満開になる少し濃いピンク色が特徴の桜です。

例年、2月頃より開花が始まり3月上旬頃に満開となる事が多いですが
河津桜の見頃は6~8分咲の頃が美しく、おすすめです。

ソメイヨシノなど代表的な桜の品種の様に、短期間で咲き・散って行く桜とは趣が異なります。

そんな河津桜は、オオシマザクラと沖縄で咲く唯一の桜として有名な
寒緋(カンヒ)ザクラ(日本で一番早く開花する桜です)の自然交雑種だと考えられています。

河津桜の今年2018年の見頃やおすすめの名所を事前にチェックして
一足早くピンク色に染まる春の光景を満喫しに行きませんか?

スポンサードリンク

河津桜の見頃2018年はいつ頃?

先にも記載した様に例年、3月上旬頃に満開となる事が多い河津桜ですが
今年2018年の見頃はいつ頃になるのか気になるところです。

早目に旅行や、日帰り旅・デートなどの計画を立てたい方も多い事でしょう。

昨年、2017年の河津桜は地域によっても多少の違いがありますが

●1月31日頃・・・全体的に1~2分咲

●2月5日頃・・・全体的に1~5分咲

●2月10日頃・・・全体的に5分咲以上

●3月上旬頃・・・全体的に葉桜

この様な状況でした。昨年2017年は暖冬の影響もあり平年より10日程早く
開花が1月末頃~2月上旬頃となりましたが
今年2018年の冬は気温がほぼ平年並みと言われているので
昨年に比べると遅い開花・見頃となるのではないかと思われます。

桜の中でも、特に開花予想が難しいとされる河津桜ですが
以上の事から予想される、今年2018年の河津桜の開花時期・見頃は

開花は2月の上旬頃から

見頃は2月の3週目~4週目にかけて

河津桜の大きな特徴と言えば、開花から満開までが約1か月と
桜を鑑賞できる期間がソメイヨシノなどに比べ、長い事が挙げられます。

その為、短期間に名所に人が殺到しないと言う利点はありますが
やはり河津桜の見頃とされている6~8分咲の頃には、大勢の人が一足早い春を
堪能しようと名所に訪れます。

混雑した場所が苦手、と言う場合は見頃を迎える前の5分咲の頃や
葉桜となっている事が予想される3月の上旬頃に行かれてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

河津桜のおすすめの名所は?

名前の由来となった、静岡県河津町は全体で約8,000本にもなる河津桜が
濃いピンク色の愛くるしい花を咲かせる事で有名です。

河津町へのアクセスは、東京から電車(スーパービュー・踊り子号利用)で約2時間30分
車で約3時間と決して好アクセスとは言えませんが
河津町で見る河津桜の広がる光景は、感動と言うか圧巻に値すると思います。

個人的な話になってしまいますが、私の祖父が河津町出身で
祖父のお墓が河津町にある為、過去に数回お墓参りに家族で行った事があるのですが

もう10年以上前の事だと思いますが、河津桜の見頃時期に合わせて
お墓参りに行った際、河津桜の広がる光景に完全に心を鷲掴みにされた事
青空に際立つその濃いピンク色の桜が帯の様に伸びる様子を、今でも鮮明に覚えています。

(見頃時期だった為、人混みも凄かったですが)

さて、そんな河津町で河津桜を見るのであればやはり河津川沿いがおすすめです。

約800本もの河津桜と菜の花のコントラスト・懐かしさ漂う川のある光景が
何とも日本的(?)ノスタルジックな気持ちになるのは私だけでしょうか?

アクセスも河津駅(JR熱海駅から伊豆急行に乗り換え)下車
河津川の側道まで徒歩で約10分と駅からのアクセスは良いです。

この場所で見頃時期には例年、「河津桜まつり」も開催されます。

河津桜は決して河津町だけで見る事が出来る桜なのではなく
都内や東京近郊でも見る事ができます。

河津桜の名所は関東にもある♪日帰りで春爛漫を満喫出来るスポットを紹介

まとめ

河津桜の今年2018年の見頃予想と、河津町でのおすすめの名所を
ご紹介させて頂きました。

様々な場所で見る事ができる河津桜ですが、是非1度は本場河津町へ訪れて頂けたらと
個人的には切に思います。

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - スポット, 自然 ,