今帰仁桜まつり2018年の日程&ライトアップ情報や見どころをご紹介!

      2018/01/12

沖縄本島北部の今帰仁(なきじん)村にある今帰仁城をご存知でしょうか?

城と言っても現在の姿は城跡ですが、琉球王国のグスク及び関連遺産群として
2000年に世界遺産に登録され、国の史跡や「日本100名城」にも指定されています。

広大な敷地には開放感があふれ、外壁から望む海や城壁は沖縄本島の
絶景ポイントとしても知られています。

私も、今帰仁城跡を訪れたのは夏の快晴の日だったので
あまりの美しい光景にすっかり心奪われ、沢山写真を撮って帰って来ました。

さて、そんな今帰仁城跡は桜の名所としても有名です。

とは言え、沖縄では桜と言えば冬に咲く寒緋桜(かんひざくら)です。

美しい城跡とそこから広がる景色、そして愛くるしい濃いピンク色の寒緋桜。

毎年行われる「今帰仁グスク桜まつり」は今年2018年も開催されます。

是非、那覇から足を伸ばして美しい光景を堪能しに行ってみませんか?

スポンサードリンク

今帰仁桜まつり2018年の日程

今年2018年で11回目の開催となる「今帰仁グスク桜まつり」は
寒緋桜の見どころとなる、1月27日(土)~2月12日(月)まで開催されます。

全国で1番早く開花する桜とあって、例年桜まつり開催期間中は県内外から
多くの方が今帰仁城へとやって来ます。

個人的な感想ですが、ソメイヨシノやヤマザクラなど本土での「桜」のイメージを持っていると
寒緋桜には少し物足りなさを感じる方も多いと思います。

寒緋桜は花びらが散らないので、花吹雪の様な光景は見られないんですね。

しかし、濃いピンク色の桜にはどこか沖縄らしさを感じますし
晴れた日の澄み渡る沖縄の青空とのコラボレージョンは目を奪う鮮やかさです。

沖縄のグスクの特徴である城跡の石垣は、長さが約1.5kmもあり
これは首里城に次ぐ規模なのだとか。

この光景を前にした時、どこかタイムスリップした様な気分になりました。

今帰仁城内へは、入場料が掛かりますが
屋台なども出るので、お祭り気分を味わいながら絶景を堪能できる
とてもおすすめのお祭りです。

【今帰仁グスク桜まつり 基本情報】

●開催場所:今帰仁城跡

●交通アクセス:那覇から、やんばる急行バス利用
那覇空港から車で約2時間30分(沖縄自動車道経由)

●駐車場:無料 約320台

●入場料:大人 ¥400 / 小・中高生 ¥300 / 幼稚園以下 無料

●主催・お問い合わせ先
今帰仁グスク桜まつり実行委員会 TEL 0980-56-2256

※まつり期間中・お問い合わせ先
今帰仁村グスク交流センター TEL 0980-56-4400

スポンサードリンク

今帰仁桜まつり2018年ライトアップ情報

今帰仁グスク桜まつりの大きなポイントと言えば、日中の寒緋桜も愛くるしいですが
ライトアップされた夜桜を眺めながら幻想的な光景を堪能出来る事です。

ライトアップの点灯時間は18時~21時までで、最終入場は20時30分となります。

通常時は18時(夏場は19時まで)の入場となる今帰仁城跡

桜まつりは、夜桜と共にライトアップされた世界遺産を散策する事が出来る
またとない機会です。

是非、家族で・友達と・デートで遊びに行ってみませんか?

まとめ

今年2018年の今帰仁グスク桜まつりについてご紹介させて頂きました。

沖縄の旅の想い出を更に鮮やかに、彩ってくれるお祭りです!

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - イベント, スポット, 沖縄 ,