京都 五山送り火(大文字)を見に行こう! 鑑賞スポットとその由来

   

夏の夜の京都の山に炎の文字が浮かび上がる  

毎年8月16日、京都盆地の周辺の山々に有名な「大」をはじめとする文字や船形・鳥居形がかがり火として浮かび上がります。
お盆に迎えた精霊を明かいへ送る伝統の行事『五山送り火(ござんのおくりび)』は
『大文字の送り火』と呼ばれる事もあり、京都の四大行事の一つとされています。

そんな夏の京都の夜に浮かび上がる炎の文字、五山の送り火の観覧スポットや由来についてご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク

当日の点火時間と観覧スポットは? 

日時: 毎年8月16日  20時「大文字」の点火より開始されます。「妙・法」20時5分点火 / 「船形」20時10分点火
 「左大文字」20時15分点火 / 「鳥居形」20時20分点火
 ※各山とも30分点火されます

観覧スポット: 「大文字」鴨川堤防(丸太町大橋~御薗橋)・京都御園/「妙」北山通り(ノートルダム女学院付近) /「法」高野川堤防(高野橋北)
「船形」北山通り(北山大橋より北西)/ 「左大文字」西大路通り(西院~金閣寺)・平野神社/ 「鳥居形」松尾橋周辺・広沢の池
 ※市内各ホテルの屋上など高い場所から観覧する方も多い

【五山送り火みどころマップ】
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/gozan/view/files/pdf/map.pdf

スポンサードリンク

灯篭流しと送り火の幻想的な光景に酔いしれる  

「鳥居形」がよく見える広沢の池(東側)では20時20分の点火と同時に灯篭流しが行われ、京都の夏の夜の幻想的な雰囲気を味わう事が出来る
人気のスポットです。二千個弱の灯篭がゆらりゆらりと漂い、その背後に鳥居形の送り火を見る事が出来ます。

五山送り火の由来と大文字の大きさ 

五山送り火が一般的に広まったのは仏教が庶民へ広がった室町時代頃よりと言う説や、平安時代・江戸時代と言う説もありますが
公式な記録が存在しない事からその起源は不明です。

江戸時代以降の資料に送り火が取り上げられる様になり、その資料には旧暦の7月16日の夕刻、あるいは晩に点火する。
精霊の送り火・亡霊の送り火などと呼んでいた。 等の事が記載されている様です。

有名な「大文字」の大きさは、横に80m、縦に160mもあり薪やワラ松葉等を点火資材として使用します。

京都の夏の夜空を壮大に焦がす五山送り火を是非一度見てみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

 - イベント, 旅行/空港 ,