台風22号2017最新進路&気象庁予想!九州から関東にかけての接近は!?【10月26日】

   

10月24日の午後3時、マリアナ諸島で発生した台風22号(サオラー)

先日、日本各地に大きな影響を与えた台風21号が過ぎ去ってまだ数日。

台風被害の復興も進んでいない中の新しい台風発生に、心配されている方も多いと思います。

週末、沖縄地方への接近が予想されていますが
その後、日本列島への接近の可能性はあるのか?

台風22号の最新進路予想をお伝えします。

スポンサードリンク

台風22号2017の最新進路情報 今後は?

台風22号の現在の情報と、今後の進路予想をお伝えします。

台風22号(サオラー)は現在、フィリピンの東にあって時速20kmの速度で北北西へと進んでいます。

現在の中心気圧は992hpaと昨日に比べ、少し勢力が増しましています。

今後は発達しながら、27日には沖縄の南へ進み
28日には沖縄本島地方や大東島地方は大荒れの天気になる見込みです。

その後は、日本の南の海上を進む予想となっています。

しかし現時点では、今後台風が進む進路が変わって来る可能性もある為
明日以降も最新の進路状況を入手したいものです。

ちなみに、「サオラー」とはベトナムが用意した名前で
「ベトナムレイヨウ(ウシ科の植物)」の意味なのだそうです。

スポンサードリンク

台風22号の気象庁予想は?

10月26日 18時の気象庁の台風22号の今後の予報は以下の通りです。

【台風22号(サオラー)】

 10月26日 18時の実況

● 存在地域/ フィリピンの東
● 進行方向・速さ/ 北北西 20km/h
● 中心気圧/ 992hPa
● 中心付近の最大風速/ 23m/s(45kt)
● 最大瞬間風速/ 35m/s(65kt)
● 15m/s以上の強風域/ 北側 440km(240NM)
             南側 390km(210NM)

 10月27日 6時の予報

● 存在地域/ 日本の南
● 進行方向・速さ/ 北西 20km/h
● 中心気圧/ 990hPa
● 中心付近の最大風速/ 25m/s(50kt)
● 最大瞬間風速/ 35m/s(70kt)
● 予報円の半径/ 70km(40NM)

10月27日 18時の予報

● 存在地域/ 沖縄の南
● 進行方向・速さ/ 北西 20km/h
● 中心気圧/ 985hPa
● 中心付近の最大風速/ 30m/s(55kt)
● 最大瞬間風速/ 40m/s(80kt)
● 予報円の半径/ 110km(60NM)
● 暴風警戒域/ 全域170km(90NM)

 10月28日 15時の予報

● 存在地域/ 沖縄本島近海
● 進行方向・速さ/ 北 20km/h
● 中心気圧/ 980hPa
● 中心付近の最大風速/ 30m/s(60kt)
● 最大瞬間風速/ 45m/s(85kt)
● 予報円の半径/ 200km(110NM)
● 暴風警戒域/ 全域280km(150NM)

 10月29日 15時の予報

● 存在地域/ 九州の南
● 進行方向・速さ/ 北東 20km/h
● 中心気圧/ 980hPa
● 中心付近の最大風速/ 30m/s(60kt)
● 最大瞬間風速/ 45m/s(85kt)
● 予報円の半径/ 410km(220NM)
● 暴風警戒域/ 全域480km(260NM)


【出典】気象庁ホームページ 台風情報

台風22号は九州から関東にかけて接近する!?

28日には暴風域を伴ったまま、沖縄に接近する予想となっており
沖縄本島地方と大東島地方は大荒れの天気になる見込みです。

又、明日の27日頃から海は大しけとなりますので海岸には近付かない様に注意しましょう。

その後は、進路を次第に東寄りに変えて
29日の日曜日から31日の火曜日にかけて、本州の南の海上を進む予想となっています。

九州から関東にかけて、28日の土曜日頃から雨が降り始め
地域によっては雨量が増し、太平洋側は風も強まる見込みです。

まとめ

台風22号の最新進路予想と、九州から関東にかけての接近の可能性についてご紹介させて頂きました。

急な天候の変化などもありますので、常に最新の台風情報を入手したいものです。

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 天気 ,