台風22号2017最新進路&米軍予想!沖縄への影響は!?【10月25日】

   

昨日10月24日の午後3時、マリアナ諸島で台風22号(サオラー)が発生しました。

先日、日本各地に大きな影響を与えた台風21号が過ぎ去ってまだ数日。

台風被害の復興も進んでいない中の新しい台風発生に、心配されている方も多いと思います。

沖縄への接近はあるのか?その後、日本列島への接近の可能性はあるのか?

台風22号の最新進路予想をお伝えします。

スポンサードリンク

台風22号2017の最新進路情報 今後は?

台風22号の現在の情報と、今後の進路予想をお伝えします。

台風22号(サオラー)は現在、フィリピンの東にあって時速20kmの速度で北西へと進んでいます。

現在の中心気圧は998hpaと勢力は強くありません。

今後は発達しながら、27日には日本の南へ進む見込みとされています。

しかし現時点では、今後台風が進む進路がはっきりとしていない為
明日以降も最新の進路状況を入手したいものです。

ちなみに、「サオラー」とはベトナムが用意した名前で
「ベトナムレイヨウ(ウシ科の植物)」の意味なのだそうです。

スポンサードリンク

台風22号の米軍予想は?

10月25日現在の米軍予想図です。


【出典】米軍合同台風警報センター(JTWC)

又、10月25日 18時の気象庁の台風22号の今後の予報は以下の通りです。

【台風22号(サオラー)】

 10月25日 18時の実況

● 存在地域/ フィリピンの東
● 進行方向・速さ/ 北西 20km/h
● 中心気圧/ 998hPa
● 中心付近の最大風速/ 20m/s(40kt)
● 最大瞬間風速/ 30m/s(60kt)
● 15m/s以上の強風域/ 北東側 440km(240NM)
             南西側 390km(210NM)

 10月26日 6時の予報

● 存在地域/ フィリピンの東
● 進行方向・速さ/ 北西 20km/h
● 中心気圧/ 990hPa
● 中心付近の最大風速/ 25m/s(50kt)
● 最大瞬間風速/ 35m/s(70kt)
● 予報円の半径/ 70km(40NM)

10月26日 18時の予報

● 存在地域/ フィリピンの東
● 進行方向・速さ/ 北西 20km/h
● 中心気圧/ 985hPa
● 中心付近の最大風速/ 30m/s(55kt)
● 最大瞬間風速/ 40m/s(80kt)
● 予報円の半径/ 110km(60NM)
● 暴風警戒域/ 全域170km(90NM)

 10月27日 15時の予報

● 存在地域/ 沖縄の南
● 進行方向・速さ/ 北北西 20km/h
● 中心気圧/ 980hPa
● 中心付近の最大風速/ 30m/s(60kt)
● 最大瞬間風速/ 45m/s(85kt)
● 予報円の半径/ 180km(95NM)
● 暴風警戒域/ 全域240km(130NM)

 10月28日 15時の予報

● 強さ/ 強い
● 存在地域/ 沖縄の南
● 進行方向・速さ/ 北 20km/h
● 中心気圧/ 975hPa
● 中心付近の最大風速/ 35m/s(65kt)
● 最大瞬間風速/ 50m/s(95kt)
● 予報円の半径/ 240km(130NM)
● 暴風警戒域/ 全域330km(180NM)


【出典】気象庁ホームページ 台風情報

台風22号は沖縄に接近する!?

現時点では勢力も強くない台風22号ですが、
28日には暴風域を伴ったまま、沖縄に接近する予想となっています。

27日頃から波が高くなり、本島地方や大東島地方では強い風が吹き始める見込みとなっています。

その後は、九州から関東にかけて接近する恐れもありますが
現段階では進路が変わる可能性も大きい為
明日以降も台風22号の最新の進路予想に注目したいと思います。

まとめ

台風22号の最新進路予想と、沖縄への接近の可能性についてご紹介させて頂きました。

沖縄は先日の台風21号の後から大分気温も下がり、日中も過ごしやすくなってきましたが
まだマリンレジャーを楽しむ方もいらっしゃると思います。

海へ行かれる際には波の高さなど状況判断や、天気予報にしっかりと耳を傾けて下さい。

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 天気, 沖縄 ,