お歳暮のお礼はメールやLINEでもあり!?親戚向けとビジネス向けの文例もご紹介!

   

12月に入るとクリスマス・大掃除・年越し準備
挨拶回りなど何かと忙しい日々が続きますよね。

そんな中、何かと頭を悩ませるのがお歳暮。

日頃、お世話になっている方への贈り物であるお歳暮ですが
人によってはお歳暮のやり取りなどにストレスを感じている方もいるのでは?

お歳暮を贈る際の品物選びもさる事ながら
お歳暮が届いた際のお礼をどうするかと言うのも、悩みのひとつだと思います。

お歳暮に対するお礼はメールでも良いのか?

はたまた、LINEはありなのか?

こんな素朴な疑問や、親戚や知人など向け
ビジネス向けの文例などもご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク

お歳暮のお礼はメールやLINEでもあり!?

届いたお歳暮に対するお礼は、本来は葉書や手紙などのお礼状を送るのが正式なマナーです。

しかし、親しく上下関係のない間柄であれば電話やメールで済ます方も多い様です。
(お歳暮が届いて、早い段階で)

又、LINEでのお礼は?と言えばあまり関心出来るものではありません。

いくら親しい間柄とは言え、お歳暮を贈った相手から
LINEのみでお礼のメッセージが届く事に、「親しき仲にも礼儀ありじゃない?」と思う方も
いらっしゃる事を気に留めておきましょう。

せめて、電話を掛け繋がらない場合にLINEでメッセージを送るぐらいの心掛けが欲しいです。

しかし、相手が忙しくて電話を掛けたら迷惑なのでは?
生活の時間帯が一般的なリズムとずれている方の場合は
『電話が迷惑になるかもしれないので、メール(LINE)にしました』と言った内容の文面を添えましょう。

基本的には、お歳暮が届いたら

早い段階で電話かメールで取り急ぎお礼を伝える

お礼状を送る

又は、電話かメールではなく早い段階で(お歳暮が届いて3日以内)
お礼状を送るのが大人としてのマナーと言えます。

スポンサードリンク

お歳暮のお礼をメールする相手が親戚の場合の文例は?

お歳暮が親戚やプライベートでの知人などから送られて来た場合の
一般的なメールの文例をご紹介します。

拝啓

寒い日々が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

この度はお心づくしのお品、ありがとうございました。

家族一同、とても喜んでいます。

まずは、メールにて取り急ぎお礼申し上げます。

寒さ厳しき折、お身体を大切にご自愛ください。

敬具

お歳暮のお礼をメールする相手がビジネス関係の場合の文例は?

次に、お歳暮がビジネス上のお付き合いのある方(会社)から送られて来た場合の
一般的なメールの文例をご紹介します。

株式会社〇〇〇
〇〇〇〇様

貴社におかれましては、益々ご清祥の事とお慶び申し上げます。

さて、この度はご過分なお歳暮の品を頂きありがたく存じます。

今後とも変わらぬご愛顧の程をお願い申し上げます。

貴社の皆様方の益々のご活躍をお祈りいたします。

メールでは失礼かと存じますが、取り急ぎお歳暮のお礼を申し上げます。

株式会社〇〇〇
〇〇〇〇

メールの件名は、「お歳暮ありがたく頂戴しました 株式会社〇〇〇 〇〇です」など

まとめ

お歳暮のお礼をメールでする場合の文面などを
ご紹介させて頂きました。

基本的には、お礼状を送るのが正式なマナーとなりますが

メールで済ませる場合は、「メールで失礼かとは存じますが取り急ぎお歳暮のお礼を申し上げます」の様な
一文を添えたいものです。

新しい年も良い関係性を保ち続ける為にも
お礼は失礼のない様に、早目にしっかりと伝えましょう。

※人気ブログランキングに参加しています♪応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 雑学 , ,