台風13号2017最新進路&米軍予想!沖縄への影響は!?【8月21日】

   

昨日8月20日、フィリピンの東で台風13号(ハト)が発生しました。

中国大陸へと向かう進路予想となっていますが
夏の観光シーズン真っただ中の沖縄地方への影響がないのかも気になるところです。

(昨夜から石垣島はとても久しぶりに、台風13号の影響で雨模様です)

8月21日9時点の気象庁予報では、
現時点で994hpaと、それほど大きな勢力の台風ではない事が分かりますが
周辺地域の天気の移り変わりなどには影響がありそうです。

そんな台風13号の最新進路予想をお伝えします。

スポンサードリンク

台風13号2017の最新進路情報 今後は?

台風13号の現在の情報と、今後の進路予想をお伝えします。

台風13号(ハト)は現在、沖縄の南にあってゆっくりとした速度で
西へと進んでいます。

「ハト」とは日本が用意した名前で、実在する星座の名前から付けられたとの事です。

8月21日9時の実況では、994hPa 最大瞬間風速25m/sの大きさの台風です。

スポンサードリンク

台風13号の米軍予想は?

8月21日現在の米軍の最新進路情報では、
台湾とフィリピンの間の海上を通過して、中国大陸へと向かう進路予想になっています。


【出典】米軍合同台風警報センター(JTWC)

そして8月21日 9時の気象庁の台風5号の今後の予報は以下の通りです。

【台風13号(ハト)】

 8月21日 9時の実況

● 存在地域/ 沖縄の南
● 進行方向・速さ/ 西 ゆっくり
● 中心気圧/ 994hPa
● 中心付近の最大風速/ 18m/s(35kt)
● 最大瞬間風速/ 25m/s(50kt)

 8月21日 21時の予報

● 存在地域/ 沖縄の南
● 進行方向・速さ/ 西 15km/h
● 中心気圧/ 990hPa
● 中心付近の最大風速/ 23m/s(45kt)
● 最大瞬間風速/ 35m/s(65kt)
● 予報円の半径/ 60km(30NM)

8月22日 9時の予報

● 存在地域/ バシー海峡
● 進行方向・速さ/ 西北西 20km/h
● 中心気圧/ 985hPa
● 中心付近の最大風速/ 25m/s(50kt)
● 最大瞬間風速/ 35m/s(70kt)
● 予報円の半径/ 110km(60NM)

 8月23日 9時の予報

● 存在地域/ 南シナ海
● 進行方向・速さ/ 西北西 25km/h
● 中心気圧/ 980hPa
● 中心付近の最大風速/ 30m/s(55kt)
● 最大瞬間風速/ 40m/s(80kt)
● 予報円の半径/ 200km(110NM)
● 暴風警戒域/ 全域260km(140NM)

 8月24日 9時の予報

● 熱帯低気圧
● 存在地域/ 華南
● 進行方向・速さ/ 西北西 30km/h
● 中心気圧/ 1000hPa
● 予報円の半径/ 260km(140NM)

【出典】気象庁ホームページ 台風情報

台風13号の沖縄への影響は?

台風13号の影響により、沖縄本島地方では昨日8日ぶりのまとまった雨が降りました。

私が住む石垣島でも昨日19時頃から雨が降ったり止んだりし始め
今朝も地域によっては、強い雨が降っていました。

(石垣島では、狭い範囲でも場所によって雨が降っていたり、降っていなかったりします)

今現在も雨は降ったり止んだりを繰り返し、時々空がゴロゴロと音がしている状況です。

台風13号の日本への接近はなさそうですが、
台風13号の暖かく湿った空気が流れ込む西日本では大気の状態が不安定になる予想です。

沖縄や九州では雨が多くなり、四国や中国・近畿地方でも急に強い雨や
雷雨となる可能性があるので雨具は用意しておきたいところです。

まとめ

台風13号の最新進路予想と、沖縄・九州・西日本への影響についてお伝えしました。

急激な雨や雷雨に対応できる様に事前の準備を心掛けましょう。

沖縄を旅行中の方は、美術館や水族館・シーサー作りなどの体験など
室内で過ごせるプランに変更し、野外とは違った沖縄のゆっくりとした時間を楽しむのもおすすめです。

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 天気, 沖縄 ,