川越祭り2017年の日程&見どころのご紹介!昼と夜それぞれの楽しみ方で熱気に包まれる!

   

埼玉県川越で毎年10月に開催される川越祭りは、
江戸の天下祭を再現した、何台もの豪華な山車が町中を曳行する
川越が1年を通して最も賑わいを見せるお祭りです。

関東三大祭のひとつである川越祭り、一度は行ってみたい!と
思っている方も多いと思います。

秋が深まり始める過ごしやすいこの時期、夏祭りとは違った魅力があります。

そんな川越祭りの今年2017年の日程と見どころ、
昼と夜2つの顔を持つ、それぞれの魅力をご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク

川越祭り2017年の日程は?

川越祭りは、毎年10月第3週の土曜日・日曜日に開催されます。

今年2017年の日程は、10月14日(土)・15日(日)となります。

●交通アクセス:
【池袋駅より】東武東上線急行で約30分 川越駅下車
【新宿駅より】JR埼京線(新宿線)快速で約50分 川越駅下車
【横浜駅より】要求東横線で約1時間20分 川越駅下車

※川越祭りの当日は市内に交通規制が入る為、公共交通機関での来場が
 勧められています。

スポンサードリンク

川越祭り2017年の見どころは?

川越祭りは関東三大祭りの一つであり、
国の重要無形民俗文化財にも指定されている伝統のお祭りです。

蔵造りの町並みを行く圧巻の豪華な山車を見ようと、
例年、2日間で約90万人もの人が訪れると言われていて
昨年2016年は2日間で、98万5千人の来場者であったと発表されています。

約100万人(2日間延べ)の人出、秋の川越の街は熱気に包まれます。

主催者側も数え切れないと言われる程多くの屋台が出店され、
中にはお化け屋敷や毒リンゴ飴など異色のお店の出店もあるので、
変わった屋台巡りをするのもおススメです!

そして川越祭りの大きな特徴は、昼と夜の2つの顔を持つお祭りだと言う事です。

昼・夜と2部構成の川越祭りの今年のスケジュールは、
8月20日の現時点では公式ホームページでは発表されていませんが
例年のスケジュールでは

●初日:10月14日(土) 
昼の部 市役所前の山車揃い(14:00~15:00)/夜の部 夜の曳っかわっせ(19:00~21:00)

●2日目:10月15日(日)
昼の部 市役所前の山車揃い(13:30~15:00)/夜の部 夜の曳っかわっせ(18:30~21:00)

が主なスケジュールとなっています。

「曳っかわっせ」とは、交差点で出逢った山車と山車が正面を向けあって
囃子と舞いを披露しあう事で、川越祭りの最大の盛り上がりのシーン
と言えます。

曳っかわっせは、仲町・本川越駅前・通り町などの交差点などで見る事が出来ます。
このエキサイティングな場面は必見です!

まとめ

川越祭りの見所や楽しみ方を紹介させて頂きました。

とても魅力が一杯なお祭りですが、当日はかなりの混雑ですので
時間に余裕を持って秋の川越祭りを楽しんで下さいね。

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - イベント, スポット , ,