台風5号最新進路&米軍予想!7日に九州南部に上陸の恐れあり?【8月4日】

   

7月21日に発生した台風5号は少し勢力を弱めながら、奄美地方の東の海上を
西寄りに進んでいます。

間もなく暴風域に入る恐れのある奄美地方ですが、今後6日の夜には
九州に接近、7日にも九州南部に上陸する恐れがあります。

8月4日18時点の気象庁予報では、
現時点で960hpaと、勢力を少し弱めている台風5号。

そんな台風5号の最新進路予想をお伝えします。

スポンサードリンク

台風5号2017の最新進路情報 今後は?

台風5号の現在の情報と、今後の進路予想をお伝えします。

台風5号(ノルー)は、4日の18時の時点で奄美大島の東約170kmにあって
ほとんど停滞している状態にあります。

4日から5日にかけて奄美地方や種子島・屋久島地方は長時間台風の影響が出る可能性があります。

猛烈な風が吹き、大雨が降る恐れがある為、気象庁は注意を呼び掛けています。

5日にかけての最大瞬間風速は60メートル
海上は波の高さが10メートルにもなる猛烈なしけになる見込みです。

スポンサードリンク

台風5号の米軍予想は?

8月4日現在の米軍の最新進路情報では、
奄美地方や屋久島地方を通過して九州へと向かい
その後、西日本を通過して行く進路予想図
となっています。

【出典】米軍合同台風警報センター(JTWC)

そして8月4日 18時の気象庁の台風5号の今後の予報は以下の通りです。

【台風5号(ノルー)】

 8月4日 18時の実況

● 強さ/ 強い
● 存在地域/ 奄美大島の東約170km
● 進行方向・速さ/ ほとんど停滞
● 中心気圧/ 960hPa
● 中心付近の最大風速/ 45m/s(75kt)
● 最大瞬間風速/ 55m/s(105kt)
● 25m/s以上の暴風域/ 全域110km(60NM)
● 15m/s以上の強風域/ 全域280km(150NM)

 8月5日 6時の予報

● 強さ/ 強い
● 存在地域/ 屋久島の南南西約120km
● 進行方向・速さ/ 西北西 10km/h
● 中心気圧/ 960hPa
● 中心付近の最大風速/ 40m/s(75kt)
● 最大瞬間風速/ 55m/s(105kt)
● 予報円の半径/ 60km(30NM)
● 暴風警戒域/ 全域170km(90NM)

 8月5日 18時の予報

● 強さ/ 強い
● 存在地域/ 屋久島の南西約100km
● 進行方向・速さ/ 北北西 ゆっくり
● 中心気圧/ 950hPa
● 中心付近の最大風速/ 40m/s(80kt)
● 最大瞬間風速/ 60m/s(115kt)
● 予報円の半径/ 90km(50NM)
● 暴風警戒域/ 全域220km(120NM)

 8月6日 15時の予報

● 強さ/ 非常に強い
● 存在地域/ 鹿児島市の南南西約130km
● 進行方向・速さ/ 北北東 ゆっくり
● 中心気圧/ 945hPa
● 中心付近の最大風速/ 45m/s(85kt)
● 最大瞬間風速/ 60m/s(120kt)
● 予報円の半径/ 200km(110NM)
● 暴風警戒域/ 全域330km(180NM)

 8月7日 15時の予報

● 強さ/ 強い
● 存在地域/ 西日本
● 進行方向・速さ/ 北北東 20km/h
● 中心気圧/ 970hPa
● 中心付近の最大風速/ 35m/s(65kt)
● 最大瞬間風速/ 50m/s(95kt)
● 予報円の半径/ 310km(170NM)
● 暴風警戒域/ 全域410km(220NM)


【出典】気象庁ホームページ 台風情報

昨日までに比べ、勢力が弱まった台風5号ですが
6日の予報では、再び勢力が945hpaまで増す予報になっています。

発生してから10日以上経過し、勢力も弱まったり増えたり。

何だか凄い台風だなと、個人的には思います。

台風5号は7日に九州南部へ上陸?

非常に強い台風5号は、6日の夜には九州へ接近し
進路によっては九州南部に上陸する恐れがあるとされています。

気象庁は、7月の記録的な豪雨で被災した福岡県や大分県では
災害が発生する危険性が高まっているとし、早目の避難や安全の確保を呼び掛けています。

まとめ

台風5号の最新進路予想と、九州への影響についてお伝えしました。

今現在の予報では今後進路が変わる事もあるかもしれませんが
油断せずに早目の備えを心掛け、日々の最新の台風情報にも注目しましょう。

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 天気