台風9号2017最新進路&米軍予想!月末には沖縄へ接近!?【7月26日】

      2017/07/27

今日、7月26日の正午にフィリピンの東海上で台風9号が発生したと
気象庁より発表がありました。

気象庁によると、台風9号は勢力を強めながら北上し
7月30日から31日頃沖縄へ接近する予想とされています。

沖縄地方へ大型の台風が接近する場合、
大きな被害が出る可能性も無いとは言えませんので
常に最新の台風情報を入手したいものです。

台風9号の最新進路予想をお伝えします。

スポンサードリンク

台風9号2017の最新進路情報 今後は?

台風9号の現在の情報と、今後の進路予想をお伝えします。

台風9号(ネサット)は、現在フィリピンの東にあって、
時速15kmの速度で北へ進んでいます。

7月26日15時の実況では、996hPa 最大瞬間風速30m/sの大きさです。

台風9号の名称である「ネサット」とは、カンボジアが用意した名前との事で
『漁師』を意味するのだそうです。

7月に入ってからの台風の発生は9号で7個目となり
7月に7個の台風が発生するのは、1994年以来23年ぶりなのだそうです。

スポンサードリンク

台風9号の米軍予想は?

7月26日現在の米軍の最新進路情報では、
八重山諸島(石垣島・西表島・与那国島などから成る島々)を通過しながら
台湾へと向かう進路となっています。

現時点の予想では、沖縄本島にはあまり直接的な影響がない様にも見えますが
今後の予想に注目しましょう。


【出典】米軍合同台風警報センター(JTWC)

そして7月26日 15時の気象庁の台風9号の今後の予報は以下の通りです。

【台風9号(ネサット)】

 7月26日 15時の実況

● 存在地域/ フィリピンの東
● 進行方向・速さ/ 北 15km/h
● 中心気圧/ 996hPa
● 中心付近の最大風速/ 20m/s(40kt)
● 最大瞬間風速/ 30m/s(60kt)

 7月27日 3時の予報

● 存在地域/ フィリピンの東
● 進行方向・速さ/ 北 15km/h
● 中心気圧/ 992hPa
● 中心付近の最大風速/ 23m/s(45kt)
● 最大瞬間風速/ 35m/s(65kt)
● 予報円の半径/ 60km(30NM)

7月28日 15時の予報

● 存在地域/ 沖縄の南
● 進行方向・速さ/ 北 ゆっくり
● 中心気圧/ 980hPa
● 中心付近の最大風速/ 30m/s(60kt)
● 最大瞬間風速/ 45m/s(85kt)
● 予報円の半径/ 180km(95NM)

 7月29日 15時の予報

● 強さ/ 強い
● 存在地域/ 沖縄の南
● 進行方向・速さ/ 北 ゆっくり
● 中心気圧/ 970hPa
● 中心付近の最大風速/ 35m/s(70kt)
● 最大瞬間風速/ 50m/s(100kt)
● 予報円の半径/ 240km(130NM)
● 暴風警戒域/ 全域330km(180NM)

【出典】気象庁ホームページ 台風情報

台風9号の沖縄への接近は?

台風9号は現時点の予想では7月30日から31日頃、沖縄へ接近する予想となっています。

気象庁の予想では7月29日までとなっていますが、米軍予想では八重山諸島を通過して
台湾へ向かうコースが予想されています。

夏休みに入り、トップシーズンに近い沖縄への旅行をよていされている方も
多くいらっしゃると思います。

大きな影響がない事を願うばかりですが、最新の台風9号情報を常に入手しましょう。

まとめ

台風9号の最新進路予想と沖縄への影響についてお伝えしました。

勢力が大きくなる可能性のある台風です。

7月に入って7個目の台風と言う事ですが、あまり勢力が大きくならない様に
そして沖縄への接近・影響がない事を期待したいものです。

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 天気, 沖縄 ,