播州秋祭り2017年の日程&スケジュールは?屋台の凄さを目撃!

   

毎年、兵庫県の明石市や姫路市など兵庫県南西部の播州地方で行われる
秋祭りを総称して播州の秋祭り(播磨の秋祭り)と呼びます。

全国的にも有名な、灘のけんか祭りの様な荒々しいお祭りから
大塩天満宮の大塩の獅子舞、魚吹八幡神社の提灯練りやだんじりなど
多彩なお祭りを楽しむ事が出来ます。

そんな播州秋祭りの日程やスケジュールなどを
紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

播州秋祭り2017年の日程は?

播州秋祭りは、

姫路市の

●松原八幡宮

●浜の宮天満宮

●恵美酒宮天満神社

●津田天満神社

高砂市の

●曽根天満宮 

西脇市の

●春日神社

など26箇所もの神社で10月を中心に大小様々な秋季例大祭が行われます。

有名どころの灘のけんか祭り(松原八幡神社)は10月14日(土)と
15日(日)の2日間。

灘のけんか祭り2017年については、こちらをご参照下さい。
灘のけんか祭り2017年の日程&スケジュール!必見の見どころもご紹介!

大塩の獅子舞が有名な大塩天満宮も同じく、10月14日(土)と15日(日)

提灯祭りとも呼ばれる魚吹八幡神社の秋季例大祭は
10月21日(土)と22日(日)の2日間。

「灘は男祭り」「荒川は女祭り」として広く知られる
荒川神社の秋季例大祭は10月14日(土)が宵宮、15日(日)が本宮になります。

26箇所の中でも有名な秋季例大祭の日程が以上になります。

スポンサードリンク

播州秋祭り2017年のスケジュールは?

そんな播州秋祭りの神社別祭礼日は以下を参考にして下さい。
神社別祭礼日程

神社により、お祭りのスケジュールは様々ですが、
2日間にかけて行われるお祭りの初日は宵宮・2日目は本宮と呼ばれ、
簡単に言うと宵宮が前夜祭で本宮が本番と言った所でしょうか。

しかし、勇壮で荒々しい事から全国に知られる灘のけんか祭りは
宵宮から激しく熱気を帯びます。

灘のけんか祭りの宵宮は毎年10月14日ですが
灘地区の方々は1年前のお祭りが終了した直後から
来年のお祭りの準備を始めている、と言われる程
灘のけんか祭りにかける地域の情熱を感じます。

播州秋祭りは屋台が凄い!

屋台と言っても出店の事ではなく、氏子各町から出す山車の事で
だんじりや太鼓台とも呼ばれます。

同じ県内でも呼び方は様々でヤッタイやタイコなどと
呼ばれているのだそうです。

各地域の人々に受け継がれているこの祭礼山車、屋台は
豪華絢爛な彫刻や刺繍・美しく輝く金具がみどころで
お祭りに訪れた人々はその圧巻の屋台に目を奪われます。

美しく装飾された屋台を見る事が出来るのは
祭礼日となる年間の2日間だけで、
播州地方の屋台の数は約400とも言われています。

是非、この豪華絢爛な屋台を間近で目撃してみませんか?

まとめ

播州地方の10月は熱気と情熱に包まれています。

毎週どこかでお祭りが開催されていますので
その興奮を秋空の下、是非体感されてみてはいかがでしょうか?

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - イベント, スポット, 旅行/空港 ,