台風4号2017最新進路&気象庁予報!日本への影響は?【7月15日】

   

今日、7月15日の午後にフィリピンの西の南シナ海で台風4号が発生したと
気象庁より発表がありました。

現在、台風はゆっくりとした速度で西北西へと進んでいるとの事ですが
今後、日本への影響はあるのかどうか気になるところです。

先日は台風3号による大雨の被害があった地域もありましたので
台風発生時には常に最新の情報を得ていたいものです。

そんな台風4号の最新進路と米軍予想を見てみましょう。

スポンサードリンク

台風4号2017の最新進路情報 今後は?

台風4号の現在の情報と、今後の進路予想をお伝えします。

台風4号(タラス)は、現在南シナ海にあって、
ゆっくりとした速度で西北西へ進んでいます。

7月15日18時50分の実況では、998hPa 最大瞬間風速25m/sの大きさです。

台風4号の名称である「タラス」とは、フィリピンが用意した名前との事で
『鋭さ』を意味するのだそうです。

スポンサードリンク

台風4号の気象庁予報は?

そして7月15日 18時50分の気象庁の台風4号の今後の予報は以下の通りです。

【台風4号(タラス)】

 7月15日 18時50分の実況

● 存在地域/ 南シナ海
● 進行方向・速さ/ 西北西 ゆっくり
● 中心気圧/ 998hPa
● 中心付近の最大風速/ 18m/s(35kt)
● 最大瞬間風速/ 25m/s(50kt)
● 15m/s以上の強風域/ 全域440km(240NM)

 7月16日 6時の予報

● 存在地域/ 南シナ海
● 進行方向・速さ/ 西北西 15km/h
● 中心気圧/ 996hPa
● 中心付近の最大風速/ 18m/s(35kt)
● 最大瞬間風速/ 25m/s(50kt)
● 予報円の半径/ 60km(30NM)

7月16日 18時の予報

● 存在地域/ トンキン湾
● 進行方向・速さ/ 西北西 20km/h
● 中心気圧/ 994hPa
● 中心付近の最大風速/ 20m/s(40kt)
● 最大瞬間風速/ 30m/s(60kt)
● 予報円の半径/ 110km(60NM)

 7月17日 15時の予報

● 熱帯低気圧
● 存在地域/ ラオス
● 進行方向・速さ/ 西 20km/h
● 中心気圧/ 1000hPa
● 予報円の半径/ 200km(110NM)


【出典】気象庁ホームページ 台風情報

16日から17日にかけ、ベトナムへ上陸した後、熱帯低気圧へと変わる見込みとされ
日本への影響はなさそうですが、付近を通る船舶に対し注意が促されています。

まとめ

台風4号の最新進路予想と日本への影響の有無についてお知らせしました。

今回は日本への影響はなさそうですが、今後の台風シーズンに向け
台風が発生した際には常に最新の情報を入手する様に心掛けましょう。

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 天気