小寒とはいつでどんな意味?この時期に食べる食べ物はある?【二十四節季】

   

1年を24に等分し、その区切りと区切られた期間に名前を付けた
二十四節季(にじゅうしせっき)と言う暦があり
“小寒(しょうかん)”はこの二十四節季の中で、冬至(とうじ)と大寒(だいかん)の間になります。

テレビのお天気予報やニュースで、冬至や大寒などは耳にした事があると思いますが
あまり小寒とは聞き慣れない言葉ですよね。

そんな小寒とは時期としてはいつ頃で、一体どんな意味があるのか?

こんな事を疑問に思われる方も多いのではないでしょうか?

又、小寒の頃に食べる特別な食べ物はあるのか?
こんな疑問も浮かんで来るかもしれません。

大人の豆知識として、子供たちに聞かれてもスムーズに答えられる様に
小寒について学んでみませんか?

スポンサードリンク

小寒とはいつ?

二十四節季は、太陽の角度で決まります。

ですから、「毎年何月何日が何の日」の様に
決められている訳ではありません。

二十四節季の23番目の節季となる小寒は、太陽黄経が285度の日となります。

22番目の節季である冬至から数えて15日目頃となる小寒は毎年、1月6日頃とされていますが
太陽の角度によって変わる訳ですから
必ずしも1月6日が小寒では無いと言う事になります。

2018年の小寒は1月5日で、それ以降の年は2019年・2020年は1月6日
2021年と2022年は1月6日となります。

『お正月の三が日が終わってすぐの頃』と覚えておけば間違いありません。

又、小寒の次の節季である「大寒(だいかん)」の前日までの約15日間の
期間を小寒と呼ぶ事もあります。

スポンサードリンク

小寒とはどんな意味?

小寒とは、「寒の入り」と言う意味があり
簡単に言うと、まだ本格的な寒さではないけれど寒さの始まりの季節。と言う意味になります。

とは言え、既に寒い季節ですし、インフルエンザなども流行しやすい時期ですので
体調管理にはいつも以上にしっかり気を付けたい時期です。

又、喪中などで年賀状が出せなかった場合などに出す「寒中見舞い」は
小寒から出し始めます。

小寒に食べる食べ物はある?

小寒が大体1月5日か6日になりますので、この時期の食べ物と言えば
1月7日の朝に七草粥を食べると言う昔ながらの風習を行いたいものです。

七草粥を食べる理由は、お正月の暴飲暴食(?)や運動不足などで
疲れ切った胃を休息させると言う意味合いと、
冬場の野菜が乏しい時期に野菜から栄養を摂ると言う事や
その年の無病息災を願って春の七草を食べると言う意味などがあります。

家族が1年病気などなく健康に暮らせる様に、
願いを込めながら1月7日は家族全員で七草粥を食べてみませんか?

他の二十四節季については、以下をご参照下さい。

立春はいつでどんな意味?立春大吉とは?【二十四節季】

春分の日とはどんな意味?食べ物の伝統はある?年によって日が変わるって本当?【二十四節季】

芒種とはいつの事?どんな意味を持つ日?【二十四節季】

小暑とはいつ?どんな意味でこの時期の旬の食べ物などはある?【二十四節季】

大暑とはいつ?どんな意味でこの日に食べる食べ物はある?【二十四節季】

立秋とはいつでどんな意味?この時期の旬の食べ物はある?【二十四節季】

処暑とはいつの事?この日に食べる食べ物はある?【二十四節季】

白露とはどんな意味でいつ頃?旬の食べ物は?【二十四節季】

秋分とはいつでどんな意味?旬の食べ物は?【二十四節季】

寒露とはいつでどんな意味?この時期に旬の食べ物は?【二十四節季】

霜降とはいつでどんな意味?この時期に旬の食べ物は?【二十四節季】

立冬の意味やすること・その日に食べる食べ物はある?【二十四節季】

小雪とはいつでどんな意味?この時期に旬の食べ物は?【二十四節季】

大雪とはいつでどんな意味?この時期に旬の食べ物は?【二十四節季】

冬至とはいつでどんな意味?この日に食べる食べ物は?【二十四節季】

まとめ

小寒についてご紹介させて頂きました。

寒さが本格的に厳しくなって来る時期です。

お正月休みの楽しさから日常生活に戻って行く、少ししんどい時期でもありますよね。

くれぐれも体調管理に留意しながら、新しい1年の生活を
明るくスタートさせましょう!

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 雑学 ,