秋のお彼岸2017年はいつからいつまで?お供えは何が良い?

   

日本独自の仏教行事である「お彼岸」は1年の中で、春・秋と2回あります。

『暑さも寒さも彼岸まで』と言う言葉を1度は耳にした事のある方も
多いと思いますが、冬から続いた寒さは春のお彼岸の頃まで。

梅雨頃から長く続いた暑さも秋のお彼岸頃にはようやく落ち着いてくる。
そんな意味からこの言葉が使われています。

そんなお彼岸ですが、今年2017年の秋のお彼岸の期間や
秋のお彼岸のお供え物には何が適しているのか?
(春のお彼岸のお供え物との違いはある?)

これらの疑問を解消しましょう!

スポンサードリンク

秋のお彼岸2017年はいつからいつまで?

秋のお彼岸の期間は、秋分の日を中日とした前後3日間の1週間となります。

この期間については、毎年同じですが今年2017年の秋分の日は9月23日の土曜日ですので
今年の秋のお彼岸は、9月20日(水)~9月26日(火)までの7日間です。

お彼岸には呼び方があり、お彼岸が始まる日を「彼岸の入り」や「入り」と呼び
中日にあたる秋分の日(春のお彼岸の中日は春分の日です)は「中日(ちゅうにち)」

お彼岸の期間の最終日は「彼岸明け」となります。

又、一般的に春のお彼岸を「春彼岸」や「彼岸」と呼ぶ事に対し
秋のお彼岸は「秋彼岸」や「のちの彼岸」と呼ばれます。

スポンサードリンク

秋のお彼岸のお供えはどんな物が良い?

家族揃ってお墓参りや法要など、ご先祖様を供養する期間であるお彼岸ですが
お花と共にお供えするお供え物は一体どんな物が良いか
悩まれる方も多いのではないでしょうか?

又、春のお彼岸と秋のお彼岸ではお供え物は異なるのか?
こんな疑問が湧き上って来る事もあるでしょう。

春のお彼岸と秋のお彼岸に欠かせないお供え物として有名な物が
「ぼたもち」と「おはぎ」
です。

実は、この2つは呼び方が違うだけで同じ物と言うのは有名な話です。

春のお彼岸の「ぼたもち」は、牡丹(ぼたん)の咲く季節に食べる事から。

秋のお彼岸の「おはぎ」は、萩(はぎ)の季節に食べる事から
この様に呼ばれる様になったのだそうです。

この、ぼたもちとおはぎは全く同じ物と言う話もあれば
『ぼたもちの餡子はこしあんで、おはぎの餡子は粒あん』とも言われます。

この事以外には、特に秋のお彼岸のお供え物にはこれ。と
決められた物はありませんが、一般的には日持ちするお菓子や飲み物など
すぐに冷蔵庫や冷凍庫へ入れなくても良い物をお供え物として持参する
ケースが多い様です。

自宅に仏壇があるお家の場合のお供え物は、地域によっても様々ですが
季節のお花や果物・故人が好きだった食べ物や飲み物をお供えする事が多い様です。
(我が家もその様にしています)

まとめ

今年2017年の秋のお彼岸の期間や、お供え物についてご紹介させて頂きました。

どんな立場であっても、日々多忙な毎日を過ごされている方が多いと思いますが
『今の自分があるのも、ご先祖様のお陰』
感謝の気持ちを持って、しっかりと供養を行いたいものです。

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 日常, 雑学 ,