足利花火大会2017年の日程&穴場スポット3選!大迫力のナイアガラを堪能♪

   

栃木県足利市で毎年8月に開催される「足利花火大会」

渡良瀬川の河川敷で壮大に、華麗に、大迫力で行われる足利の夏の風物詩には
ファンがとても多く、毎年多くの方がこの花火大会を心待ちにされています。

そんな足利花火大会の今年2017年の日程や、
屋台情報・交通規制情報、人混みが苦手・少しでも混雑を避けて
花火大会を楽しみたい方へ向けた
おすすめの穴場スポットをご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク

足利花火大会2017年の日程やアクセスは?

花火の打ち上げ数が20,000発と大規模な花火大会で
フィナーレの渡良瀬川にかかる大ナイアガラやスターマインが圧巻です。

その歴史はとても長く、明治36年に始まった花火大会は今年で103回目の開催となるのだそうです。

打ち上げ時間の約2時間は常に花火が打ちあがっている状態で、
例年の人出が約37万人と足利市のビッグイベントとして相応しい程の大混雑となりますが
花火大会を見た方々の満足度が非常に高い事としても有名です。

そんな足利花火大会「わたらせサマーフェスタ2017」は8月5日(土)に開催されます。
(荒天時は翌日の6日に順延されます)

開催時間は、19時00分~20時45分までの約2時間、
夏の想い出のラストを華やかに彩ってくれる、非常に密度の濃い時間を楽しむ事が出来ます。

花火大会会場は、渡良瀬川田中橋下流河川敷となります。

【会場までの交通アクセス】

●電車の場合:JR「足利駅」南口より徒歩約5分(通常時)/JR両毛線「足利駅」より徒歩10分(通常時)
(JR「宇都宮駅」よりバスもあります)

●車の場合:北関東自動車道「足利IC」より約15分(通常時)
北関東自動車道「太田桐生IC」より約15分(通常時)

※会場周辺の公共施設など約8,000台分の駐車場がありますが混雑必須です。

※花火大会当日、周辺の道路が大変混雑します。早めの行動を心がけましょう。

※16:30~22:00 会場周辺で交通規制あり

有料の観覧席が河川敷に設置され、6月の上旬より足利商工会ホームページで発売されます。
打ち上げ場所間近で楽しみたい方には、是非おすすめです。

(毎年人気の有料席なので購入はお早めに!)

【足利花火大会のお問い合わせ先】

足利商工会議所
TEL:0284-21-1354

スポンサードリンク

足利花火大会の穴場スポット3選!混雑を少しでも避けれる場所は?

例年、約37万人もの人出となる足利花火大会。

当然、会場である渡良瀬川田中橋下流の河川敷は大混雑します。

勿論、打ち上げ場所近くから見る数々の花火の迫力は圧巻で感動すらするものですが

それでも、あまり混雑は好きじゃない、少し見える花火が小さくなってものんびりまったりと
花火大会を楽しみたいと言う方におすすめの穴場スポットをご紹介させて頂きます!

渡良瀬川 田中橋の上

目の前を遮る建物などがない為、綺麗な花火を堪能する事が出来る穴場スポットです。

足利駅と足利市駅のちょうど中間ぐらいに位置し、当日は交通規制が敷かれる為
車両の通行はありません。立ち見にはなりますが至近距離で花火大会を満喫できるおすすめのスポットです。

ヤマダ電機テックランド足利店の屋上

打ち上げ場所に比較的近い場所の為、早い時間から場所取りが開始されます。

織姫公園

小高い山の上にある公園です。花火と足利の夜景のコラボレーションが楽しめます。

まとめ

足利花火大会の2017年の日程や基本情報、穴場スポットを
ご紹介させて頂きました!

楽しかった夏の想い出や、今後の楽しみなイベントなどの話を咲かせながら、華麗で大迫力な花火に酔いしれたい。
そんなおすすめの8月の花火大会です。

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - イベント , ,