金沢まつり花火大会2017年の日程&穴場スポット3選!屋台情報・交通規制情報も

   

神奈川県の金沢区で毎年8月に開催される「金沢まつり」

今年2017年で43回目を迎えるこの花火大会は
海の公園の夏の風物詩となっていて、横浜市民だけではなく
市外からも波の音を聞きながら打ち上げ花火を楽しもうと、毎年多くの方が訪れます。

そんな金沢まつり花火大会の今年2017年の日程や、
屋台情報・交通規制情報、人混みが苦手・少しでも混雑を避けて
花火大会を楽しみたい方へ向けた
おすすめの穴場スポットをご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク

金沢まつり花火大会2017年の日程やアクセスは?

花火の打ち上げ数が3,500発とそれほど規模の大きくない花火大会と言えますが、
海上から打ち上げられる花火・八景島の夜景と花火のコラボレーション
夜の海の風を感じながら場所によっては寝転んで花火大会を楽しめる事などから
毎年必ず訪れる方も多い、人気の花火大会です。

スターマインから始まり、新作花火なども楽しめる金沢まつり花火大会ですが
例年の人出は約25万人と、大規模な花火大会に比べると大分少ない感じがしますが
それでも25万人です。会場の花火が正面から見れる良いポジションは特に混雑します。

今年2017年は8月26日(土)に開催されます。
(雨天決行・荒天時は中止となります)

開催時間は、19時00分~20時00分までの1時間ですが
夏の想い出のラストを華やかに彩ってくれる、密度の濃い1時間を楽しむ事が出来ます。

花火大会会場は、横浜市金沢区の海の公園で
横浜市で唯一、海水浴場がある公園としても有名です。

【会場までの交通アクセス】

●シーサイドライン「海の公園 南口駅」「海の公園 柴口駅」「八景島駅」より徒歩2分(通常時)

●京浜急行線「金沢文庫駅」より徒歩約20分(通常時)

●駐車場 1,688台(有料)

●当日、18:00~21:00 海の公園及び周辺道路 交通規制あり
(国道16号 片吹から海の公園方面へは通り抜けできません)

事前の場所取りは禁止されている花火大会となり
有料の観覧席はありません。

又、当日会場周辺に屋台も出店されますので
お祭り気分でデートや家族で楽しみたい海の花火大会です。

【金沢まつり花火大会のお問い合わせ先】

横浜金沢観光協会
TEL:045-780-3431

スポンサードリンク

金沢まつり花火大会の穴場スポット3選!混雑を少しでも避けれる場所は?

大規模な花火大会に比べると花火大会に訪れる人出は少ない金沢祭り花火大会ですが
それでも例年25万人もの人が訪れる花火大会ですので当然、会場は混雑します。

しかし、広範囲から花火を楽しむ事が出来る花火大会ですので
メイン会場も他の花火大会と比較するとそれほどの大混雑はありません。

当日は打ち上げ時間の30分程前から混雑し始めますが
場所によっては15分前でも座って(寝転んで)花火を見る事が可能です。

それでも、あまり混雑は好きじゃない、少し見える花火が小さくなってものんびりまったりと
花火大会を楽しみたいと言う方におすすめの穴場スポットをご紹介させて頂きます!

海の公園内「なぎさ広場」

メイン会場である海の公園では、多くの方が砂浜エリアで間近に打ち上げられる花火を
堪能します。

なぎさ広場は海の公園内にありながら、砂浜エリアから離れた場所にあるので
比較的混雑を避けながら近い位置での花火が楽しめるスポットです。

八景島シーパラダイス周辺

打ち上げ場所の対岸となりますが、海風による煙の影響もあまりない為
ベストポジションの穴場としても有名です。

シーパラダイスのメリーゴーランド辺りからがキレイに見えます。

野鳥公園

シーサイドライン「野鳥公園駅」よりすぐの場所にあります。

海の公園の南側に位置し、メイン会場に比べると弱冠混雑を避けて花火大会が
楽しめるスポットです。

まとめ

金沢まつり花火大会の2017年の日程や基本情報、穴場スポットを
ご紹介させて頂きました!

夏の夜の海風を感じながら、砂浜で寝転ぶも良し・芝生でまったりするも良しと
それぞれの楽しみ方に合わせた観覧スポットが点在しています。

楽しかった夏の想い出話を咲かせながら、華麗な花火に
酔いしれたい。そんなおすすめの花火大会です。

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - イベント, スポット ,