髪のダメージが凄い!夏の紫外線から髪を守るための対策って?

      2016/06/19

暑い時期がやって来ると、世の中のほとんどの女性が肌の紫外線対策に取り組みます。
ファンデーションなどの簡単なUV対策から、SPF50の日焼け止め・サングラス・帽子・長袖の着用などの徹底的な日焼け対策を行う女性も(^^)

でも、肌の紫外線対策はバッチリでも、髪の毛の事は何も気にしない。という方が意外と多いと思います。
そこで、紫外線が髪の毛に与えるダメージや美しい髪の毛でいる為の対策についてご紹介させて頂きます♪

スポンサードリンク

 髪の紫外線ダメージは肌より回復が難しい! 

肌よりも修復機能が低い髪の毛は、紫外線のダメージを受けると回復が難しいと言われています。あまりも紫外線により傷んでしまった髪は切るしかない・・・。そうなってからでは手遅れです。肌に比べ、髪の紫外線対策に関心が向きにくい理由として、肌の様に赤くなったり痛くなったりといった症状が無いという事が考えられます。そんな髪の紫外線ダメージですが、顔よりも3倍の紫外線量を浴びているというデータも。
こう考えると、何もしないって怖くなったりもします。

5725130688_06bf98d763_o

スポンサードリンク

  この髪の毛の状態、紫外線が原因かもしれません!  

男性に比べ、女性はパーマやカラーなど髪のオシャレを楽しむ事が多い為、ただでさえダメージを受ける事が多いですよね。
そういった事から、髪の状態がカラーなどによるものなのか、紫外線によるものなのか非常に解りにくくもあります。
紫外線のダメージで髪に起こる状態ってどんなものなのでしょうか?

●枝毛・切れ毛(髪の強度の減少)
●髪にツヤがなくなる(キューティクルが剥がれる)
●退色(赤っぽく、日に焼けた色になる)
●髪の乾燥(パサつき、潤いが無い状態)
●髪の老化(抜け毛・薄毛・白髪)

紫外線の影響って凄いです・・・ でも、怖がらず・がっかりせず今日から対策を始めましょう!

  毎日の対策が大切です♪  

紫外線が多い時期とされている5月~8月(沖縄などは以降も紫外線量が多いですが)毎日の紫外線対策を心掛けたいものです。

●帽子・日傘を使用する
●スプレータイプの日焼け止めを使用する
●UVカットのトリートメントを使用する

特に、海へ海水浴などで出掛ける際は海水がついたままの髪の毛は更に傷む原因となりますので
素早く水で洗い流しましょう(^^)

始める事に手遅れはありません!今日からの紫外線対策で夏を満喫してくださいね♪

スポンサードリンク

 - 日常 ,