十五夜と十三夜とはどんな意味で2017年はいつ?決まった食べ物はある?

   

暑い夏が過ぎ、秋の気配を感じ始めてくると「十五夜」や「十三夜」などの言葉を
聞く事も増えて来ますよね。

何となく、『お月見をする日』と言う認識はほとんどの方が持っていると思いますが
実際にはいつで、どんな事をする日なのかよく分らない。
そんな方も多いのではないでしょうか?

又、「十五夜」と「十三夜」の違いも気になるところですよね。

そんな十五夜と十三夜にまつわる疑問を一気に解決しましょう!

スポンサードリンク

十五夜と十三夜とはどんな意味?

まず、「十五夜(じゅうごや)」は簡単に言うと旧暦の8月15日のお月見の事を言います。

月は新月を月齢1とすると、満月が丁度15日目にあたる事も由来です。
そして、この時期の満月が1番美しいと言う事から旧暦の8月15日に
収穫をした農作物をお供えしたりしていた事が現在まで風習として繋がっています。

十五夜は「中秋の名月」や、この時期に収穫されたお芋を供えていた事から「芋名月」と
呼ぶ地域もあります。

(「中秋(ちゅうしゅう)」とは、秋の中頃を指します。旧暦の8月は四季の区分としては
秋になる為です。)

『十五夜お月さん』と言う名前の童謡もありますよね。

次に、「十三夜(じゅうさんや)」も十五夜と同じく、新月から数えて13日目の月を指します。
月の状態としては、満月ではなく8割程度の月が見え、約2割は影となっている状態です。

そして、十三夜は一般的に旧暦の9月13日の月を言います。

この時期に栗や豆が良く実っていた事から「栗名月」や「豆名月」と呼ばれる事もあります。

又、十五夜の別名である「中秋の名月」に対し「後の月」と呼ばれる事もあります。

現代では、お月見の代名詞である「十五夜」に比べ、あまり耳にする事のない「十三夜」ですが
昔の日本では、十五夜と十三夜はセットの様な関係でした。

十五夜にだけお月見をし、十三夜にはお月見をしない事を「片見月」と言い
縁起が悪いものとされていた
のだそうです。

中国から伝わって来た十五夜に対し、十三夜は日本で生まれた風習だと言われています。

そんな「十三夜」よりも、更に耳馴染みのない「十日夜(とうかんや)」と言う日もあります。

これも、やはり新月から数えて10日目の月の状態を言い
(月が見えるのは6割程度です)
お月見(満月)を楽しむ、と言った雰囲気からはかけ離れている状態とも言えます。

十日夜は、一般的には旧暦の10月10日の月を指します。

主に関西地方での風習とされる十日夜は、やはり農作物に感謝する日で
田畑にやって来た神様がこの日に山に帰られるとされていて
収穫した稲などをお供えしていた
のだそうです。

スポンサードリンク

十五夜と十三夜2017年はいつ?

意味や由来が解った十五夜と十三夜ですが、今年2017年はいつなのでしょうか?

十五夜(旧暦 8月15日)・・・10月4日(水)

十三夜(旧暦 9月13日)・・・11月1日(水)

●十日夜(旧暦 10月10日)・・・11月27日(月)

是非、十五夜と十三夜(十日夜)の夜は秋の夜長をのんびりとリラックスしながら
美しいお月さまを眺めたり、美味しい物を食べながら鑑賞会をされたり
お月見デートをされてみてはいかがでしょうか?

十五夜と十三夜に食べる食べ物は?

十五夜と言えば思い浮かぶ食べ物は「月見団子」ですよね。

満月に似ている事からまん丸な月見団子を十五夜にお供えして食べるのが
昔からの風習ですが、
(月見団子の個数は12個や15個など諸説あります)

その他に十五夜にお供えする食べ物は

里芋

さつま芋

ぶどう

この時期に旬の野菜

などがあります。里芋やさつま芋は十五夜が別名で「芋名月」と呼ばれている事から。

ぶどうなどのツルものは『月と人の繋がりが強くなる』とされ、縁起の良い食べ物と
言われている事からです。

十三夜にもやはり月見団子をお供えします。
(十五夜には月見団子を15個、十三夜には13個と言う説が根強い様です)

他には、「栗名月」「豆名月」との別名がありますので
この時期に収穫された栗や豆類で炊き込みご飯を作ったり、
素材の味を充分に楽しむ為に茹でて、そのまま食べる
のも美味しいですよね。

まとめ

十五夜と十三夜の意味や、今年2017年はいつなのか?
この日に食べる食べ物などをご紹介させて頂きました。

冷えてきた夜の風を感じながら、秋の夜長を美しいお月さまと一緒に
過ごしてみませんか?

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 自然, 雑学 , ,