沖縄の9月の気温はどのぐらい?海には入れる?台風は多い?疑問を一気に解決!

   

青い空と青い海、のんびりとした島時間が魅力の沖縄は
国内でも屈指のリゾート地・観光スポットとして長年人気です。

そんな沖縄に9月のシルバーウィークで旅行を計画されている方も
多いですよね。

そこで気になるのが、沖縄のこの時期の気温や海水浴やシュノーケリングなど
海での遊びは可能かどうか?女性であれば紫外線量も気になりますよね。

又、大型の台風の襲来が多い沖縄なので9月は例年台風が多いのかどうか?
こんな疑問や不安も湧き上がるのではないでしょうか?

沖縄の9月の天候に関する疑問を一気に解決しましょう!

スポンサードリンク

沖縄の9月の気温はどのぐらい?

地域にもよりますが、9月のシルバーウィーク頃(2017年は9月16日~18日)は
ようやく暑かった日々も落ち着き、少し秋の気配を感じ始める時期だと思います。

衣類なども半袖から長袖に変わって来る頃ですよね。

そんな9月の中旬頃の沖縄は、まだまだ夏が続いています。

沖縄と言っても島々が多く、広範囲に広がっている為
(私が住んでいる石垣島は那覇から約500km離れています。東京~大阪ぐらいの距離です。)

気温には地域によって少し違いがありますが、
9月の沖縄地方の平均気温は、28℃で最高気温は33℃ぐらいになる日もあります。

この様に数字で見てみると、夏場に40℃近くの気温になる地域もあるので
『そんなに暑くないんじゃない?』と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
沖縄は気温よりも直射日光の厳しさや、海に囲まれた地域なので湿度が高い事からも
数字で見る気温よりも、実際はもっと体感的に暑いと思って来島される事をおすすめします。

(沖縄本島よりも周辺の離島の方が直射日光は凄まじいです)

紫外線もまだまだ強い時期ですので、日焼け対策は万全に行いましょう。

7月の気候とほとんど変わらない沖縄の9月の気候ですが、
夜は少し肌寒い日もありますので薄手の長袖を持参されると良いと思います。

スポンサードリンク

沖縄の9月は海は入れる?

結論を先に述べると、9月の沖縄での海水浴など海のレジャーは何も問題なく可能です。

10月の中頃までは寒さを気にする事なく海でのアクティビティなどを楽しめますが、
台風が接近している場合は波が高くなったり、海が時化るので
そう言う場合には、海でのレジャーは絶対に危険ですので中止して他のプランを計画される事を
切にお願いしたいと思います。

(『台風の最接近が数日後だから、今日はまだ海で泳いでも大丈夫』と言った考え方は
本当に危険です。天気予報や海の状態をマメにチェックしましょう)

沖縄の9月は台風は多い?

沖縄の台風の接近が多い月のイメージが、8月と9月である方は多いと思います。

しかし、気象庁の過去50年のデータを見てみると
沖縄・奄美地方への台風の接近率(平均値)は9月が1.7個
8月が2.3個、7月が1.5個
となっています。

8月に次いで台風の接近が2番目に多いのが9月になる訳ですが
特別台風の接近が多い月とは言えません。

実際には、7月に台風の接近が妙に多い年もあれば
9月や10月に集中している年もあるので、こればかりは神様にしか
分らない事なのかもしれません。

1つ言えるのは、大型の台風が沖縄に接近・直撃する時
とても大きな被害が出る事が多くあります。

建物や電信柱の倒壊なども起こるぐらいの台風の影響が出る事もあります。

そうなると、当然飛行機や船などの交通機関は完全にストップします。

沖縄本島ではなく、周辺の離島に宿泊する場合は交通網が止まってしまう影響が
かなり大きく出る事になります。

3日・4日ぐらいの足止めになってしまう可能性も無いとは言えないので
旅行を計画している時期に大型の台風の襲来が予想されている場合は
個人的な意見としては、旅行を中止される事をおすすめします。

(せっかくの沖縄旅行が嫌な思い出・危険な想い出になってしまわない為にです)

まとめ

沖縄の9月の気温や紫外線量、海水浴が可能かどうか?
台風の多さなどの疑問についてご紹介させて頂きました。

リフレッシュ&リラックスが存分に味わえる沖縄旅行が
最高の想い出となる事を願っています!

※人気ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 天気, 旅行/空港, 沖縄 ,