相模原花火大会2017年の日程&穴場スポット3選!露店情報や交通規制情報も!

      2017/06/18

神奈川県相模原市で毎年か8月に開催される「相模原納涼花火大会」

昭和26年に始まった歴史の長いこの花火大会は近隣の地域の方だけではなく
遠方からの方も多く集まる相模原の夏の風物詩です。

そんな相模原納涼まつり花火大会の今年2017年の日程や、
屋台情報・交通規制情報、人混みが苦手・少しでも混雑を避けて
花火大会を楽しみたい方へ向けた
おすすめの穴場スポットをご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク

相模原花火大会2017年の日程やアクセスは?

花火の打ち上げ数が8,000発とそれほど大規模ではない花火大会ですが
大スターマインなど迫力のある無駄のない花火大会と言った印象で
毎年、大勢の方がこの花火大会を心待ちにされています。

例年の人出は約20万人と、大規模な花火大会に比べると大分少ない感じがしますが
それでも20万人です。会場の花火が正面から見れる良いポジションは特に混雑します。

今年2017年は8月26日(土)に開催されます。
(荒天時や相模川増水時は翌日の27日(日)に順延されます。)

開催時間は、18時45分~20時15分までで
花火の打ち上げ時間は、19時~となります。

花火大会会場は、相模川の高田橋上流となり
会場までのアクセスは以下の通りになります。

【電車・バス利用の場合】

●JR横浜線「淵野辺駅」南口、又はJR相模線「上溝駅」から田名バスターミナル行きバス
終点で下車後、徒歩で約15分(通常時)

●JR横浜線「相模原駅」南口から水郷田名行きバス終点で下車後、徒歩で約5分(通常時)

●JR相模線「上溝駅」より徒歩で約1時間

※花火大会当日のバス及び会場周辺道路は大変混みあいます。
渋滞でバスが動かない可能性が高いので15時頃までには乗車しておきたいところです。
時間に充分な余裕を持った行動をお願いします。

【車の場合】

●さがみ縦貫道(圏央道)相模原ICから県道511号線経由

●国道16号 相模原駅入口交差点から県道503号線~54号線~63号線経由

※特設駐車場2,500台あり。駐車料金¥1,000
(周囲にコインパーキングはありません)

※通常約30分程度で到着する道が、花火大会当日は2時間以上掛かる場合があります。

市民協賛者席として、有料席が販売されます。
例年は1席¥2,500と間近で迫力ある花火大会を楽しめる席としては
非常にリーズナブルなお値段だと思いますが、今年2017年の有料席に関しては
6月の現時点でまだ発表されていません。

又、花火大会当日は会場である高田橋下の橋の上流側に約200店舗もの
B級グルメなどの屋台が並びます。

お腹を空かせて会場へ向かって、屋台食べ歩きも楽しいですよ!

【相模原納涼花火大会のお問い合わせ先】

相模原市観光協会
TEL:042-771-3767

※月曜日~金曜日 9時~18時まで

スポンサードリンク

相模原花火大会の穴場スポット3選!混雑を少しでも避けれる場所は?

大規模な花火大会に比べると花火大会に訪れる人出は少ない相模原納涼花火大会ですが
それでも例年20万人もの人が訪れる花火大会ですので当然、会場は大混雑します。

あまり混雑は好きじゃない、少し見える花火が小さくなってものんびりまったりと
花火大会を楽しみたいと言う方におすすめの穴場スポットをご紹介させて頂きます!

相模原麻溝公園

会場から距離がある為、花火は小さくなってしまいますが
高台の展望台から高く打ち上がる花火を堪能できます。

ゆっくりと花火を楽しめる穴場スポットです。

横山公園

こちらも会場から距離がある為、音楽や迫力のある花火は難しいですが
高く打ち上がる花火はゆっくりと楽しむ事が出来ます。

ヨークマート田名店の屋上

こちらも会場からは距離がありますが、花火がキレイに見えるおすすめの穴場です。

トイレもあり、飲食物を購入できるのでお子様連れや女性グループ・
ご年配にも嬉しいスポットだと個人的には思います。

まとめ

相模原納涼花火大会の2017年の日程や基本情報、穴場スポットを
ご紹介させて頂きました!

有料席で迫力満点の花火を堪能しても良し、穴場スポットでゆっくりと
花火を楽しむも良しの花火大会ですが
当日の会場周辺の道路の混雑だけは念頭に置いて、早めの行動を心掛けたいものです。

楽しい夏の1日の想い出となります様に!

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - イベント, スポット , ,