白露とはどんな意味でいつ頃?旬の食べ物は?【二十四節季】

   

1年を24に等分し、その区切りと区切られた期間に名前を付けた
二十四節季(にじゅうしせっき)と言う暦があり
“白露(はくろ)”はこの二十四節季の中で、処暑(しょしょ)と秋分(しゅうぶん)の間になります。

秋分はニュースなどで聞く事がありますが、白露とは一体どんな意味があるのでしょうか?

又、時期としてはいつ頃を指しているのでしょうか?

これらの疑問と共に、白露の頃に旬を迎える食べ物なども
併せてご紹介させて頂きます。

大人の豆知識として、白露について学んでみませんか?

スポンサードリンク

白露とはいつ?どんな意味?

二十四節季は、太陽の角度で決まります。

ですから、「毎年何月何日が何の日」の様に
決められている訳ではありません。

二十四節季の15番目の節季となる白露は、太陽黄経が165度の日となります。

14番目の節季である処暑から数えて15日目頃となる白露は毎年、9月8日頃とされていますが、
太陽の角度によって変わる訳ですから
必ずしも9月8日が白露では無いと言う事になります。

ちなみに、今年2017年の白露は9月7日(木)となります。

来年以降は、2018年・2019年が9月8日で
2020年・2021年が9月7日、2022年・2023年が9月8日と言った具合です。

又、白露から次の節季である秋分の前日までの期間を指す事もあります。

そんな白露の意味は、「陽気ようやく重なり、露凝って白し」と言う意味になります。

簡単に言うと、暑さも段々と収まり始め草花に朝露が付く様になると言った意味で
まだ暑さが続く時期ではあるけれど、夏の暑さではなくなって来る頃。

こんな意味合いが込められているのだと思います。

スポンサードリンク

白露の頃に食べる食べ物はある?

白露に食べる特別な食べ物は特にはありませんが、
この時期に旬を迎える食材は沢山あります。

秋刀魚(さんま)

縞アジ(しまあじ)

なす

かぼちゃ

現代では、保存技術などの進化があり
比較的1年を通して食べる事の出来る食材も多いですが
やはり、その時期に旬な新鮮な食材ほど美味しいものはないと思います。

この時期の縞アジはお刺身でも塩焼き・照り焼きでも、アラの潮汁でも
本当に何にしても美味しくて大好きです。

天ぷらにしても美味しいですよね。

梨も水分を沢山含み、甘さが充分にあるものだと
乾いた体が潤っていく感じすらして来ます。(私だけでしょうか?)

まだ暑さも続く時期ですので、美味しい旬の食べ物をしっかり食べて
元気に日々を過ごしたいものですよね。

まとめ

白露についてご紹介させて頂きました。

暑さが和らぐまではまだ少し時間が掛かりそうな時期ですが
変わりゆく自然の様子を眺めながらお散歩したり、徐々に衣替えをしたりと
秋を迎える準備を少しづつ始めて行きたいな、と思っています。

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 雑学 ,