“夏の大三角形” を見つけてみよう!星空観測のススメ♪

      2016/06/17

夏になると七夕や夏休みがある事から夜空の星を見てみよう!と思う方も多いのではないでしょうか?(^^)

都会に暮らしていると星空なんて無縁な気がしてしまいますが、空気が澄んだ光の少ない地方や地域へ行かなくても
“夏の大三角形”を探す事が出来るんです♪ 是非、夏の夜空をいつもより長く眺めてみて下さい(^^)
星を探す楽しさを知って頂けたら嬉しく思います!

スポンサードリンク

“夏の大三角形”ってどんな星? 

夏の大三角形は星座の名前ではありません。3つの星を線で繋げると三角形になる事から“夏の大三角形”と呼ばれています。
3つの星は、「こと座のベガ」「わし座のアルタイル」「はくちょう座のデネブ」で、こと座のベガは七夕物語の織姫の星。
わし座のアルタイルは彦星なのです。ロマンチックですよね♪
こと座のベガは1等星よりも明るい0等星です。わし座のアルタイルとはくちょう座のデネブは1等星。等星は天体の明るさを指す単位で数字が小さくなればなる程、明るさが増します。『1等星が星の中で一番明るい』というイメージがありますが、実際には0等星以上の明るさを持つ星もあります。
肉眼で見る事が出来るのは6等星までと言われています。

“夏の大三角形”はいつ頃見ることが出来るの? 

日本では、大体7月~9月頃迄が観測の時期ですが、8月上旬から下旬にかけてが最も見やすい時期と言われています(^^)
20時~22時頃がベストな時間です。この時間帯は空の高い位置に星がある為比較的見つけやすいと思います!

スポンサードリンク

“夏の大三角形”を探してみましょう! 

1:南東の空を見上げます(目が暗さに慣れていないと星を見つけにくいので目を慣らして下さい)

2:こと座のベガは0等星なので見つけやすいです!ベガが見つかったらベガを頂点に、左下にはくちょう座のデネブ・右下にわし座のアルタイルといった
 配置関係です。正三角形ではなく、二等辺三角形といったイメージです。(注意点:“夏の大三角形”と言う名前の通り、大きい範囲での三角形です)

是非、夏の夜空にひと際輝く大三角形を探してみませんか?(^^)

スポンサードリンク

 - 遊び/趣味 ,