小暑とはいつ?どんな意味でこの時期の旬の食べ物などはある?【二十四節季】

      2017/06/01

1年を24に等分し、その区切りと区切られた期間に名前を付けた
二十四節季(にじゅうしせっき)と言う暦があり
“小暑(しょうしょ)”はこの二十四節季の中で、夏至(げし)と大暑(たいしょ)の間になります。

春分や夏至・立秋などは、よく天気予報などのニュースで耳にする事もありますが
小暑はあまり耳馴染みが無いと思います。
(聞いた事がない方もいらっしゃるかもしれません)

又、春分や立秋・冬至などはその漢字の構成から何となくイメージが沸いたとしても
小暑は、何だか分りにくい気もしなくもないですよね。
早春などならまだ意味も分かりやすいですが、小暑。

さて、そんな小暑は日にちで言えばいつ頃なのか?小暑の頃の天候などの特徴はあるのか?
この時期に旬を迎える食べ物はあるのか?

こう言った疑問を持たれる方も多いのではないでしょうか?

大人の豆知識として、小暑について学んでみませんか?

スポンサードリンク

小暑とはいつ?天候の特徴や旬の食べ物はある?

二十四節季は、太陽の角度で決まります。

ですから、「毎年何月何日が何の日」の様に
決められている訳ではありません。

二十四節季の11日目の節季となる小暑は、
太陽黄経が105度の日
となります。

小暑は毎年、七夕である7月7日頃とされていますが、
太陽の角度によって変わる訳ですから
必ずしも7月7日が小暑では無いと言う事になります。

しかし、今年2017年の小暑は七夕の7月7日ですし、何十年か遡っても1987年の7月8日以外の年は
全て7月7日でした。

そして来年以降は、2024年の7月6日を除き、当面の間は毎年7月7日が小暑となります。

と言う訳で、『小暑は七夕』と覚えてしまっても良いかもしれませんね。

小暑から「暑中」に入る為、夏のお便りである暑中見舞いを出し始める日となります。

この時期は、各地で梅雨明けが近付き(沖縄の様に梅雨明けしている地域も)
いよいよ夏本番、暑さが本格的になってくる頃です。

小暑の頃に旬を迎える食材は、

枝豆

オクラ

ししとう

きゅうり

トマト

らっきょう

アオリイカ

鮎(あゆ)

鰯(イワシ)

夏の野菜の旬の時期です。ゆでたての枝豆や、ししとうの天婦羅・オクラと納豆のぶっかけ冷やしうどん・
新鮮なイワシなど個人的に好きな食材が多い小暑の頃です。

この時期は蓮の花が咲き始める頃です。

昔、埼玉県の行田市にある「古代蓮の里」と言う公園の蓮の満開時期に散歩に行き
大きなピンク色の行田蓮(古代蓮)がかなり広い敷地のあちらこちらで
美しく咲いている光景がとても印象的でした。

大人の手のひらよりも大きいであろうそのサイズ感と、何とも言えない
現世離れ(?)した感じの雰囲気がとても楽しかった想い出として記憶に残っています。

関東近郊にお住まいの方には、この時期の休日に是非おすすめしたいスポットです。

【古代蓮の里 基本情報】

埼玉県行田市大字小針2375番地1

JR高崎線「行田駅」東口より市内循環バス利用

TEL:048-559-0770

スポンサードリンク

小暑とはどんな意味?

「小暑」の漢字を見ても、どんな意味なのかあまりイメージが沸きにくいものです。

『大暑来れるまへ(前)なればなり』と言う言葉があり、
これは本格的な夏の到来である大暑よりも前の時期、と言う意味です

小から大へ、と言う事は「小暑の頃から暑さが段々と強くなり、大暑の頃にピークを迎える」と
考えて良いと思います。

夏バテに気を付けたい時期でもありますよね。

まとめ

小暑についてご紹介させて頂きました。

一年で一番(?)ロマンチックなイベントである七夕を楽しみ
強さが増して行く暑さを乗り切る為に、旬の食材やウナギなどスタミナ食を堪能する。

開放的な季節ですので、夏バテに負けないで明るく元気に過ごしたいものですよね!

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 雑学 ,