足立の花火2017年の日程&穴場スポット3選!大混雑を避けて密度の濃い時間を堪能♪

   

東京の花火大会としては、一番早く開催されるのが「足立の花火」です。

何故「大会」が付かないのかは不明ですが、花火大会です。

某有名教師ドラマ(?)でも御馴染みの荒川の河川敷で毎年開催される花火大会は
今年2017年で第39回目となります。

カップルも、ファミリーも、仲良しグループも、職場やサークルの集まりのグループも
みんなが楽しみにしている今年の花火大会の日程や
会場の大混雑を避けて打ち上げ花火を堪能したい方への
おすすめの穴場スポットをご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク

足立の花火2017年の日程は?

「関東の人気花火大会ランキング」では毎年上位に入る足立の花火。

近年は約60万人もの人出で大賑わいに花火大会です。

約1時間の開催時間の間に、約1万2千発の打ち上げ花火が荒川河川敷の夜空を華麗に、
大迫力で彩る密度の濃さが最大の特徴です。

今年で第39回を迎える花火大会は、7月22日(土)に開催されます。
(荒天の場合は中止です)

全4幕構成となり、ワイドスターマインや足立の花火の名物である大迫力のナイアガラを堪能しようと
近隣だけではなく、様々な地から見物客が集まってくる為、大混雑は覚悟の上で出掛けたい花火大会です。
(隅田川花火大会よりは混雑していません)

開催時間は、19時30分~20時30分となります。

会場は、東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間の荒川河川敷です。

最寄り駅は、北千住駅・梅島駅・五反野駅・小菅駅・高野駅・扇大橋駅と多くの駅が密集しているスポットですので
一駅に集中してしまう花火大会に比べるとスムーズです。

会場までは、北千住駅からは徒歩で約20分
五反野駅・梅島駅・小菅駅からは20分以上かかる距離です。

打ち上げ場所となる千住側の荒川河川敷運動公園運動場野球場は、指定された観覧場所の中でも
大混雑となるスポットです。

早朝から場所取りをされる方も大勢いらっしゃるぐらいの人気ぶりですので
大混雑が苦手な方にはおすすめできません。

比較的、千住側よりも反対側の梅島駅側の方が花火大会を間近で堪能でき
混雑度は低いですが、とは言え混雑は覚悟
です。

会場内は、出店が禁止となっている花火大会ですが
最寄り駅から会場までの道に多くの屋台が出店されています。

【足立の花火へのお問い合わせ】

足立区観光交流協会
TEL:03-3880-5853

スポンサードリンク

足立の花火の穴場スポットは?

大迫力のフィナーレが圧巻の足立の花火ですが、大混雑(激戦区)である千住側は
確かに間近で花火大会を堪能できますが、花火が近すぎて視界から切れてしまうと言う難点も
ないとは言えません。

比較的、大混雑を避けて花火大会を堪能したい方へ
おすすめの穴場スポットは

虹の広場

堤南の河川敷にあり本会場から距離がある為、(北千住駅より徒歩で約15分)
本会場程は混雑しないスポットです。

橋に隠れる為、仕掛け花火だけは見えませんが比較的ゆっくりと花火大会を楽しめます。

扇橋大橋付近

打ち上げ会場からは少し距離がありますが、その分全体的に・正面から
花火大会を見る事が出来るスポットです。

最寄り駅は扇大橋駅となります。

善立寺

東武伊勢崎線の五反野駅・梅島駅より共に徒歩で約10分の距離にあります。

他の穴場スポットに比べると、まだあまり知られていない穴場です。

まとめ

足立の花火の今年2017年の日程や見どころ、
大混雑を避けたい方への穴場スポットをご紹介させて頂きました。

大切な人と、家族と、友達と夏の想い出を作りに出掛けませんか?

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - イベント, スポット , ,