みなとこうべ海上花火大会2017年の日程&穴場スポットは?大混雑を避けたい方へ!

   

港町 神戸の真夏の風物詩&ビッグイベントとして知られる「みなとこうべ海上花火大会」は
兵庫県で最大規模の花火大会としても有名です。

毎年、20万人とも言われる人が神戸港の夜空に華やかに舞い散る打ち上げ花火を
心待ちに会場へと足を運ばれています。

そんな、みなとこうべ海上花火大会ですが今年2017年は神戸港の開港150年を記念する年と言う事もあり、
記念すべく年の花火大会にふさわしいプログラムも実施される予定です。

カップルも、ファミリーも、仲良しグループも、職場やサークルの集まりのグループも
みんなが楽しみにしている今年の花火大会の日程や
会場の大混雑を避けて打ち上げ花火を堪能したい方への
おすすめの穴場スポットをご紹介させて頂きます!

スポンサードリンク

みなとこうべ海上花火大会2017年の日程は?

神戸港で毎年8月に開催される、みなとこうべ海上花火大会は約1万発の
水中スターマインやビッグウェーブなどの花火が海上から打ち上げられ
潮風漂う神戸のロマンチックな夜景を更に華やかに彩ります。

今年で第46回を迎える花火大会は、8月5日(土)に開催されます。
(雨天決行・荒天の場合は順延なし)

そして、今年は冒頭にも記載させて頂いた様に神戸港開港150年の記念すべき年です。

そんなスペシャルな2017年の花火大会は、過去最大数の打ち上げ数である1万5千発が予定され
これは、関西最大規模となる打ち上げ数となります。

開催時間は、19時30分~20時30分で今年は約30万人の人出が見込まれています。

打ち上げ場所は、新港突堤~メリケンパーク南側海上となり
打ち上げ場所の正面、第一突堤に有料の観覧席が設けられますが
(例年6月下旬頃からち、けっとぴあなどで販売されます)

無料で観覧する場合は、打ち上げ場所に最も近いメリケンパークや
ハーバーランド
などになります。

メリケンパークへは、JR元町駅より徒歩で約8分ほどで到着しますが
大混雑を覚悟の上で足を運ぶべきスポットとなります。

場所取りをする場合は、お昼過ぎ頃からと長丁場になると思います。

しかし、やはり打ち上げ会場の近くで堪能する花火大会は大迫力です。

特に圧巻の約1分間(例年)のフィナーレでは、神戸港の夜空が光で埋め尽くされる程の
大迫力の光景となるので、あっけに取られる方も大勢いらっしゃるのでは?

100万ドルの夜景とも言われ、ただでさえ美しい夜景の神戸港周辺が
この日はまるで宝石がキラキラと夜空で輝いているかの様な、ロマンチックな光景となります。

夏の最大の想い出にもなり得るみなとこうべ海上花火大会は
本当におすすめの花火大会です。

【みなとこうべ海上花火大会へのお問い合わせ】

神戸市イベント案内・申込センター
TEL:078-333-3372

スポンサードリンク

みなとこうべ海上花火大会の穴場スポットは?

今年は特に大混雑が予想される、みなとこうべ海上花火大会ですが
大混雑(人混み)が苦手・少し遠くからでも良いからゆっくりと、ストレスフリーで
花火大会を楽しみたい、そんな方へおすすめの穴場スポットがあります。

ポーアイ しおさい公園(ポートアイランド西公園)

夜景スポットとして、学生達のデートの場となっているしおさい公園。
トイレもあり、神戸の街並みと打ち上げ花火を一緒に堪能できます。

みなとじま駅より徒歩で約12分です。

見晴らしが素晴らしいポートアイランド北公園へは、中公園駅より徒歩で約10分です。

六甲山展望台

夜景と打ち上げ花火を見下ろしながら楽しめるポイントとして有名です。
展望台は混雑している可能性が高いですが、移動の混雑は海側に比べ避けられます。

圧倒的なスケールの神戸の街の光の粒と、華麗な花火を同時に堪能できます。

約30台分の無料駐車場があります。

まとめ

みなとこうべ海上花火大会の今年2017年の日程や見どころ、
大混雑を避けたい方への穴場スポットをご紹介させて頂きました。

大切な人と、家族と、友達と夏の想い出を作りに出掛けませんか?

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - イベント, スポット ,