お中元を贈る時期は関東と関西で違う?相場も地域による?

   

日頃、お世話になっている方々へ感謝の気持ちと共に贈る「お中元」

人生を楽しく、健やかに生きて行く為にも円滑で円満な人間関係は重要ですよね。

年末のお歳暮と共に、どんなお中元を贈ろうかと考えている最中の方も
多いかもしれませんが、お中元を贈る時期は地域によって違いがある事をご存知でしたか?

現在では、あまり地域によってのお中元の時期の違いを気にされない方も増えてきてはいますが
特にお中元を贈る相手が目上の方や、ご年配の場合には常識を知らない人、と思われてしまわない様に
地域によっての時期をあらかじめ知っておきたいところです。

関東と関西のお中元を贈る時期の違いや、相場にも違いがあるのか?
と言った疑問もまとめて解消しておきましょう!

スポンサードリンク

お中元を贈る時期、関東の場合は?

すっかり日本人の夏の風習として根付いているお中元ですが、
元は中国の道教の三元節が始まりとされています。

三元節の「中元」にあたる7月15日は地官大帝と言う神様の誕生日とされていて
盛大なお祭りが行われていました。

この地官大帝は、人の罪を許してくれる神様である事から
7月15日には贖罪(しょくざい)の日として、日頃の罪を贖する為に近隣の方などに
物品を贈る習慣がありました。

この中国の習慣が、丁度日本のお盆の時期と重なった事から
「お中元」として、日頃お世話になっている方やご先祖様への供養として
品物を贈る現代の風習へと繋がって行きました。

さて、そんなお中元を贈る時期ですが関東の場合は7月のはじめ~15日までに
贈るのが一般的
です。

全国的にも、7月の上旬~15日までにお中元を贈る方が増えて来ていますが、
知っておきたいお中元のマナーとしては、

●お中元を贈る相手の方が住んでいる地域の習慣に時期を合わせましょう

●お中元を送る場合は、挨拶状を品物に同封するか、品物が到着する頃に
 はがき等のお便りを出すのが良いでしょう

●その地域のお中元の時期を過ぎてしまった場合には、のしを「暑中御見舞い」として、
 立秋(8月7日頃)~9月の上旬に贈る場合は「残暑御見舞い」として贈るのが
 一般的です。

●お中元やお歳暮は、一度贈ったらその後も毎年贈るのがマナーです。
何かの御礼として贈りたい場合は、のしを「御礼」として贈ると良いでしょう。

スポンサードリンク

お中元を贈る時期、関西の場合は?

関西の場合は、関東とお中元を贈る時期が異なりますので注意が必要です。

関東が7月1日~15日に贈るのが一般的な事に対し、関西の場合は7月15日~8月15日
お中元を贈る時期が大幅に違います。

関東のお中元シーズンが終わった頃に、関西のお中元が始まる。と言った具合です。

関東と同じ時期の地域は、他には東北や北陸地方など。

関西と同じ時期の地域は、他には北海道・東海地方・中国地方・四国となります。

関東と関西でこれ程の時期の違いが出来た理由としては、
関東は新暦の7月15日に合わせ、関西は旧暦に合わせる習慣があった事から
この様な、お中元を贈る時期の違いとなったそうです。

九州と沖縄のお中元を贈る時期は、上記の地域とは異なりますので
以下の記事をご参照下さい。

お中元を贈る時期は地域による?九州は遅い?沖縄は旧暦に合わせて!

もし、お中元を贈る相手の方が住む地域の風習が分らない場合は
一番無難なのは7月15日にお中元が届く様に手配をする事だと思います。

お中元の相場も関東と関西で異なる?

お中元の相場は、一般的に¥3,000~¥5,000とされていますが
相場も関東と関西で異なるのか、気になる方もいらっしゃると思います。

お中元の相場は、関東と関西の大きな違いはありません。

気軽なお付き合いの場合には、¥3,000程度のお中元を
両親や上司・特別お世話になった方へのお中元は¥5,000を予算とされる方が多いです。

品物は冷蔵品や冷凍品・酒類など保管に困る物や、その家庭の生活スタイルに合わない物は
避けた方が賢明と言えると思います。

まとめ

関東と関西のお中元の時期の違いについて、ご紹介させて頂きました。

現在では、関東のお中元の時期に全国的に合わせると言う風潮もありますが
お中元を贈る相手の方が困惑しない様に、最低限の地域ごとの時期は
知識として知っておいても無駄はないのではないでしょうか?

日頃の感謝の気持ちを込めて、夏のギフトを贈りましょう!

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 日常, 雑学 ,