七夕飾りには意味がある?願い事をする様になった由来は?

   

7月7日は七夕です。今ではハロウィンやイースターなどもクリスマスと並ぶぐらいの
ビッグイベントとなっている日本国内ですが、その中でもロマンチックな七夕が好きな方は
大人でも多いと思います。

(私も七夕が大好きな大人の1人です!)

彦星と織姫の七夕伝説の内容もしかり、七夕の夜に願いを込めてお星さまへお願いをする。

こんな素敵なイベントは、子供やカップルだけのものにしておくのは
何だか勿体ないとさえ思えてしまうのは私だけでしょうか?

七夕の夜に友達同士でパーティーをしたり、開けた場所へ星を見に行ったり。

こんな大人な過ごし方も素敵です。

さて、そんな七夕ですが七夕の由来やお話しは知っていても
七夕飾りや短冊にお願い事を書く事の由来や意味は意外と知られていないのではないでしょうか?

七夕にまつわる由来や意味を知って、今年の七夕をいつもとは違う気持ちで
迎えてみませんか?

スポンサードリンク

七夕飾りにはひとつづつ意味がある?

七夕を迎えるにあたって、きっと一番始めに用意するのが笹ですよね。

そして、笹に七夕飾りやお願い事を書いた短冊を吊るして行くひと時の楽しさ。

これは子供の頃も、大人になっても変わらないものではないでしょうか?

七夕飾りは古くは奈良時代から風習としてあった様ですが、
現在の様に笹に七夕飾りや短冊を吊るす様になったのは、江戸時代からとされています。

折り紙を切って細工したものや、吹き流しなどのイメージが強い七夕飾りですが
それぞれの飾りにはきちんとした意味があります。

笹の葉には、「邪気から守ってくれます様に」と言う意味が込められているのだそうです。

【七夕飾りの意味】

吹き流し: 織姫の様に機織が上手になります様に

投網: 豊漁に恵まれますように

ちょうちん: 心を明るく照らしてくれます様に

折り鶴: 家族が長生きします様に

菱飾り: 天の川をイメージ

織姫と彦星: 2人の様に永遠の愛が続きます様に

くずかご: 整理整頓をし、物を粗末にしない子に育ちます様に

巾着: お金が貯まります様に

短冊: 願い事が叶います様に

七夕飾りの1つ1つに意味があったと知れば、飾りを折り紙で作るのも
何だか楽しくなりそうですよね。

子供の頃は、ちょうちんを折り紙で作ってびよんびよんと伸縮させた
遠い想い出があります・・・

最近は100均でも透け感がある物や、模様入りなどのおしゃれで
可愛い折り紙が多く販売されているので、子供の頃と同じ飾りを作っても
大人っぽい飾りになると思います!

テーマカラーを何色か決めて作るのも、統一感が出る飾りになるのでおすすめです。

スポンサードリンク

七夕に願い事をする事には由来がある?

七夕にお願い事を笹に吊るす事にも、きちんとした由来があります。

中国には「乞巧奠(きこうでん)」と言う、7月7日の織女星(織姫)にあやかり
機織りや縫製が上達する様にとお願いする風習
があり、やがてお願いする内容も芸事や書道など
機織りや縫製だけではなくなって行きました。

そして、現在の7月7日に様々なお願い事を短冊に書いて笹に吊るす、と言う
風習へと繋がって行きました。

まとめ

七夕飾りの意味や、七夕にお願い事をする由来についてご紹介させて頂きました。

今年の七夕は、七夕飾りひとつひとつに意味を込めながら
夜空の星にお願い事を叶えてもらいましょう!

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - イベント, 雑学