お中元を贈る時期は地域による?九州は遅い?沖縄は旧暦に合わせて!

      2017/05/21

日頃、お世話になっている方々へ感謝の気持ちと共に贈る「お中元」

人生を楽しく、健やかに生きて行く為にも円滑な人間関係は重要ですよね。

年末のお歳暮と共に、どんなお中元を贈ろうかと考えている最中の方も
多いかもしれませんが、お中元を贈る時期は地域によって違いがある事をご存知でしたか?

気持ちを込めて贈ったお中元が相手の方に届き、『あれ?何でこの時期に?』と
ならない為にも、地域によっての時期は心得ておきたいものです。

ここでは、九州と沖縄のお中元を贈る時期について
ご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

お中元を贈る時期、九州の場合は?

すっかり日本人の夏の風習として根付いているお中元ですが、
元は中国の道教の三元節が始まりとされています。

三元節の「中元」にあたる7月15日は地官大帝と言う神様の誕生日とされていて
盛大なお祭りが行われていました。

この地官大帝は、人の罪を許してくれる神様である事から
7月15日には贖罪(しょくざい)の日として、日頃の罪を贖する為に近隣の方などに
物品を贈る習慣がありました。

この中国の習慣が、丁度日本のお盆の時期と重なった事から
「お中元」として、日頃お世話になっている方やご先祖様への供養として
品物を贈る現代の風習へと繋がって行きました。

さて、そんなお中元を贈る時期ですが九州地方では
(長崎県・佐賀県・福岡県・熊本県・鹿児島県・宮崎県・大分県の7県です)

関東地方に比べると、約1か月程遅く
8月1日~8月15日までが一般的な九州地方のお中元の時期となります。

しかし、近年では7月15日までにお中元が届く様に手配をされる方も多くなっており、
決してマナー違反ではありませんが、本来であれば九州地方へお中元を送られる際には
8月1日~15日の間、とこの期間を頭に入れておきたいものです。

スポンサードリンク

お中元の時期、沖縄は旧暦に合わせて!

沖縄のお盆は、新暦ではなく旧暦のお盆の期間(旧盆)となります。

従って、他の地域の様に「毎年、何月何日~何日頃まで」と一筋縄に言えないのが旧盆です。

ちなみに、今年2017年の旧盆の期間は9月3日~9月5日までとなり
9月に入ってからのお盆となりますので、沖縄にお中元を送るご予定のある場合は
旧盆の期間を覚えておいて下さい。

来年以降の旧盆の期間は、

●2018年 8月23日~8月25日

●2019年 8月13日~8月15日

●2020年 8月31日~9月2日

●2021年 8月20日~8月22日

●2022年 8月10日~8月12日

ちなみに、私は現在沖縄の石垣島に住んでいるのですが(島嫁です)
石垣島はお中元やお歳暮・冠婚葬祭などの件数がとにかく多い地域です。

その為、家柄にもよるとは思いますが1件あたりのお中元の相場は
関東あたりの半額ぐらいと考えて良いと思います。

あまり上等(高価)なお中元を沖縄へ送ってしまうと
恐縮されてしまう可能性もありますので、ご参考にして頂けると幸いです。

まとめ

九州地方と沖縄のお中元の時期をご紹介させて頂きました。

現在では、関東のお中元の時期に全国的に合わせると言う風潮もありますが
お中元を贈る相手の方が困惑しない様に、最低限の地域ごとの時期は
知識として知っておいても無駄はないのではないでしょうか?

日頃の感謝の気持ちを込めて、夏のギフトを贈りましょう!

※人気ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

 - 日常, 雑学 , ,